Cinema Paradiso

新海誠監督の最新作「天気の子」とミュージカル「RENT」

新海誠監督の新作アニメーション映画「天気の子」公式サイトでは予告編を見ることが出来る→こちらから"TRAILER"をクリック。

Tenki_3

いや〜もう愉しみで仕方がない。待ちきれないから公開日の7月19日(金)は有給休暇を取得した。朝イチから観に行くぞ!

この予報から既にネット上ではロケハンの場所が特定され、聖地巡礼が始まっている。屋上に鳥居があるビルのモデルは代々木会館(実際の会館には屋外の階段と鳥居はない)で、鳥居そのものは朝日稲荷神社(別ビル)、そして主人公の少年が乗っている船は東京↔伊豆諸島を結ぶ「さるびあ丸」といった具合。「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」「君の名は。」と同様にNTTドコモ代々木ビルがまたまた登場するのも嬉しい。最早、新海アニメのトレードマークだからね。あと「アメ」と名付けられた猫が可愛い。

音楽は「君の名は。」に引き続きRADWIMPSが担当。僕は予報で流れる主題歌「愛にできることはまだあるかい」を聴いた瞬間、びっくりした。出だしのコード進行(4つの和音)がピューリッツァー賞やトニー賞を総なめにしたブロードウェイ・ミュージカル「RENT(レント)」の名曲"Seasons of Love"(作詞・作曲:ジョナサン・ラーソン)と全く同じなのである。試聴はこちら。これは単なる偶然(無意識)なのか、監督からのリクエストなのか?興味は尽きない。

「天気の子」は世界中が注目している映画なので、後に音楽が"Seasons of Love"に類似していることが話題になるかも知れない。

気が早い話だが、僕は「天気の子」がきっと米アカデミー賞の長編アニメーション映画賞を受賞してくれるだろうと大いに期待している。細田守監督「未来のミライ」のノミネートに続け!!新海監督のデビュー作「ほしのこえ」(2002)から、彼の才能を信じて二人三脚で歩んできたコミックス・ウェーブ・フィルム代表 川口典孝氏も「(新海誠が)オスカーとる日も来ると思ってますから」と断言している(こちらの記事より引用)。

「君の名は。」英語版ではスマートフォンに入力された文字(日本語)を英語に置き換えることが出来なかったが、今度は万全の体制で臨んでいる筈。ディズニー/ピクサーに負けるな!ここは川村元気プロデューサーの腕の見せ所だ。

 

| | コメント (9)

アカデミー賞(メイクアップ&ヘアスタイリング部門)受賞!映画「バイス」

評価:A

Vice

映画公式サイトはこちら。タイトル"Vice"は〈副大統領(バイス・プレジデント)〉と、〈悪徳〉という意味のdouble meaningである。

9・11同時多発テロから対イラク戦争の時代にアメリカの副大統領を務めたディック・チェイニーが主人公。勿論、ジョージ・W・ブッシュ大統領やラムズフェルド国防長官も登場、ラムズフェルドを演じたスティーヴ・カレルが、やはり現在日本で公開中の「ビューティフル・ボーイ」のお父さん役とは全く雰囲気が違って腹黒く、実に素晴らしい。しかしやはり本作の白眉はチェイニーを演じたクリスチャン・ベールだろう。メイクアップの効果が絶大で、全く彼だとは識別出来ない。クリストファー・ノーランと組んだ「バットマン」三部作は勿論のこと、スピルバーグが監督した「太陽の帝国」(1987)の頃から知っているんだけれどな。当時彼は13歳。もう30年以上の付き合いだぜ!?

監督は「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のアダム・マッケイ。非常に個性的でユニークな作風だ。強いて挙げるなら伊丹十三のスタイル(「お葬式」「マルサの女」)に近いかも?面白おかしく滑稽な人間模様を描きながら、世の中の仕組みについてわかり易く解説してくれる側面もあるという。基本的に役者によるドラマが進行していくのだが、途中でドキュメンタリー映像や謎の第三者(最後に誰か判明する)によるナレーション・解説が挿入されたり、突如夫婦の会話がシェイクスピア劇(「マクベス」風)として演じられたり。多彩な手法が用いられる、手練(てだれ)の技。天晴なり!

| | コメント (0)

ビューティフル・ボーイ

評価:B

Beauty

公式サイトはこちら

君の名前で僕を呼んで 」でアカデミー主演男優賞にノミネートされたティモシー・シャラメくんはギリシャ彫刻を彷彿とさせる美青年である。僕は彼を見ているとイタリアの巨匠ルキノ・ヴィスコンティ監督が愛した男優たちを思い出す(「若者のすべて」「山猫」のアラン・ドロン、「ベニスに死す」のビョルン・アンドレセン、「ルートヴィヒ 神々の黄昏」「家族の肖像」のヘルムート・バーガー)。因みにヴィスコンティはバイセクシャルだった。

だから正にシャラメくんは「ビューティフル・ボーイ」そのものであり、父親役のスティーヴ・カレルも名演技である。

原作はジャーナリストであるデヴィッド・シェフが書いた実話であり、ヤク中になった息子ニックを父親が必死で更生させようと奮闘する物語である。

いや、リアルだし秀作だとは思う。ただ、納得いかなかったのは結局〈失敗談〉で終わっちゃうんだよね。最後テロップで「その後ニック・シェフは支援者たちの並々ならぬ努力のおかげで〜年間、薬物依存からの離脱に成功している」と出る。そこが知りたかったんだよ!!この映画ではどのようなサポートが有効だったのかということが全く判らない。肩透かしを食らった。

なお「ビューティフル・ボーイ」はジョン・レノンが息子ショーンに対して歌った楽曲のタイトルで、劇中でも流れる。親バカの脳天気な歌で微笑ましい。アナキスト(無政府主義者)剥き出しで下劣な「イマジン」なんかより、僕はこっちの方がよっぽど好き。

| | コメント (0)

ブラック・クランズマン

評価:A-  映画公式サイトはこちら

Black

アフリカ系アメリカ人であるスパイク・リー監督は常に怒りに満ちている。代表作「ドゥ・ザ・ライト・シング」(1989)だって、デンゼル・ワシントン主演「マルコムX」(1992)だってそう。そしてアカデミー賞で作品賞・監督賞・助演男優賞(アダム・ドライバー)・編集賞・作曲賞など6部門にノミネートされ、脚色賞で受賞した「ブラック・クランズマン」もアメリカの白人(WASP)に対する怒りと憎しみ、呪詛がこれでもか!と詰め込まれ、爆発寸前である。ただ初期の作品と異なるのはそこにユーモアが加味されたこと。自己を客観視する余裕ができ、「俺って面倒なやつだよね」と自嘲するかのような、醒めた眼差しがそこにはあった。

しかし最後、現代のアメリカを映し出すドキュメンタリー映像となり、トランプ大統領まで出すのはやり過ぎ。Too much !マイケル・ムーア監督のドキュメンタリーのような〈プロパガンダ映画〉に成り下がってしまった。映画で政治を語るべきではない。まぁそのバランスを欠いた〈歪さ〉〈不格好さ〉〈なりふり構わないところ〉がスパイク・リーの魅力の一つでもあるんだけどね。それこそが〈作家性〉であり、「グリーンブック」に欠落した部分だ。

 

| | コメント (0)

アカデミー賞を30年後退させた映画「グリーンブック」!

評価:A-

Green

公式サイトはこちら

「グリーンブック」の作品賞受賞に「ブラック・クランズマン」のスパイク・リー監督が激怒し、アカデミー賞授賞式の会場から退席しようとしたのも宜なるかな。やはり作品賞を受賞した1989年の映画「ドライビング Miss デイジー」を彷彿とさせる仕様になっている。Netflix憎さのあまり、アカデミー賞は30年後退した。

非常に良く出来た、well-made movieではある。しかし〈とりたてて欠点がないところが欠点〉とも言える。つまり作家性・個性がない。「ドライビング Miss デイジー」は黒人運転手と白人の老婦人との友情を描く作品だが、「グリーンブック」はその白人と黒人の役回りを変換しただけ。そこにロードムービーのエッセンスを加味しているが、それも「手錠のまゝの脱獄」(1958)や「ペーパー・ムーン」(1973)が描いた世界の範疇から一歩も出るものではない。さらに最後は〈クリスマスの奇跡〉みたいな雰囲気で終わるのだが、まるでフランク・キャプラの「素晴らしき哉、人生!」(1946)そっくりなのである。つまりオーソドックス、old-fashionedなのだ。こんな代物にオスカー与えちゃあかんわ。脚本家と監督が白人というのも何だかなぁ。胡散臭いんよ。

Drivingmissdaisy
「ドライビング Miss デイジー」より

2年前の「ムーンライト」に続いて2回目のアカデミー助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリ(アフリカ系アメリカ人)よりも、運転主役ヴィゴ・モーテンセンの方が良かった。「ロード・オブ・ザ・リング」のアラゴルンと同一人物だとは到底思えない。

あと本作はジャズピアニストであるドン・シャーリーの実話が元になっているが、映画を観ながら僕が想い出したのはナット・キング・コールのことだった。彼も「ナット・キング・コール・トリオ」を結成していたし、劇中にコールが南部で受けた差別について言及され、最後には彼が歌う"The Christmas Song"が流れるといった具合。因みにコールの歌う"The Christmas Song"はイルミネーションのアニメ「グリンチ」のラストシーンにも登場した。

| | コメント (0)

映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」

評価:A

Mary

公式サイトはこちら

これね、原題が「スコットランドの女王メアリー」なので、実質的にメアリー・スチュアートを演じたシアーシャ・ローナン(アイルランド出身)が主役ね。でシアーシャが「レディ・バード」でアカデミー主演女優賞にノミネートされた2017年に、やはり「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」で主演女優賞候補になったマーゴット・ロビー(オーストラリア出身)がエリザベス1世を演じた。アカデミー賞では衣装デザイン賞とメイクアップ賞にノミネート。

兎に角、シアーシャが素晴らしい!それに尽きる。僕が彼女を初めて観たのはアカデミー助演女優賞候補となった「つぐない」(2007)である。この時弱冠12歳。その後も「ラブリーボーン」「ビザンチウム」「ブルックリン」などで彼女の成長を見守ってきた。「レディ・バード」ではアメリカの小さな町サクラメントの高校に通い、「私のことをレディ・バードと呼んで」とほざく〈イタイ〉少女を演じていた彼女が、なんとその1年後に誇り高いメアリー女王を演じたのだからこれは驚天動地である。そして気品があってしっかりとそう見えるのだから大したものだ。舌を巻いた。

〈ポスト・クラシカル〉を代表する作曲家マックス・リヒターの音楽も実に良し。要注目。

| | コメント (0)

小豆島へ

3月22日(金)から25日(月)にかけて淡路島、小豆島、香川県を旅した。

香川では勿論、うどん巡り。最近のお気に入りは「釜あげうどん 長田in香の香」@善通寺市。以前釜あげうどんといえば〈東のわら家、西の長田〉と称される時代があったが(麺通団の書「恐るべきさぬきうどん」全盛期)、今や「香の香」こそが〈釜あげうどんの王者〉であることは論を俟たない。そのやや濃いめの塩味に中毒性がある。あと今回初めて行った「うどん 一福(いっぷく)」@高松市も細麺で旨かったなぁ!土曜日だったが、14時には麺がなくなり営業終了となった。

小豆島のお昼は井上誠耕園直営の カフェレストラン「忠左衛門」でいただいた。下の写真は「忠左衛門」からの眺め。

D2ktmlhucaangvp_1

オリーブ牛のハンバーグ、パエリア、蒸し牡蠣などが美味しかった。オリーブの風味が絶品で、パンを浸しても、サラダにかけても旨味を増す。

D2ksfguwaarzyq_1

小豆島の日の出である。

D2ks_ewuyaatt8c_2

朝はオリーブ公園へ。

D2ks_kuuyaapj90_1

ここは実写版「魔女の宅急便」(2014年、清水崇監督)ロケ地で、ギリシャ風車がある。

D2ktalbugaa7bw_1

また〈グーチョキパン屋〉のロケセットが移築され、「雑貨 コリコ」に。

D2ktj1zu8aaswbf_1

下写真のような奇妙なオブジェも。

D2ktkucukaiip6m_1

オリーブ公園から渡し船で二十四の瞳映画村へ。

D2ktli1u4aeowys_1

小豆島といえば壺井栄原作・木下恵介監督の映画「二十四の瞳」(高峰秀子主演)と、角田光代原作・成島出監督「八日目の蝉」(永作博美・井上真央主演)がなんと言っても有名。そのロケセットがここに保存されている(「二十四の瞳」は田中裕子主演リメイク版の方)。ここからの海の眺めは最高!さすがしっかりしたロケハンがされている。

また宿泊した小豆島国際ホテルは海に望む部屋風呂がなんとも心地よく、癒やされた。

小豆島は手延べそうめんも有名。「八日目の蝉」の主人公は逃亡の果てに小豆島にたどり着き、素麺屋で働くのだ。

| | コメント (0)

ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー

評価:A

H 

公式サイトはこちら

ホイットニー・ヒューストンをめぐるドキュメンタリー映画である。監督のケヴィン・マクドナルドは「ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実」でアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞。劇映画「ラストキング・オブ・スコットランド」も見応えがあった。

いや〜面白かった!歌手を描いたドキュメンタリー映画といえば、やはりアカデミー賞を受賞した「AMY エイミー」があるが、断然僕は本作の方を支持する。

観ていて辛い作品ではある。大スターになった女の子を家族が食い物にしてゆく。つまらない男に引っかかり、(幼少期に従姉妹ディー・ディー・ワーウィックから受けた性的虐待がトラウマとなり) 薬に溺れ、身を滅ぼす。彼女の娘も同じ道を歩むことになる。しかしここには人間の真実の姿、どうしようもない本性がある。

なお、ディー・ディーの姉ディオンヌ・ワーウィックは妹にかけられた疑惑を「バカげた話」と完全否定している(当人は死去)。

| | コメント (0)

アカデミー長編アニメ映画賞&アニー賞受賞「スパイダーマン:スパイダーバース」

アカデミー賞の長編アニメーション映画部門及びアニー賞で作品賞を制覇した「スパイダーマン:スパイダーバース」を小学校1年生の息子と一緒に観た。

評価:A+

Spiderverse1

僕は基本的にアメコミ映画が好きじゃない。ヒーローなんて胡散臭い存在だとしか思わない。しかし何故か「スパイダーマン」はサム・ライミ監督の三部作、アンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーンが共演した「アメイジング・スパイダーマン」二部作(監督はハリウッド実写版「君の名は。」の白羽の矢が立ったマーク・ウェブ!)、リブートされた「スパイダーマン:ホームカミング」を全て観ていて(自分でもその理由が判らない)、本作が何と7本目になる。そして「スパイダーバース」がずば抜けて一番面白かった!

マルチバース(multiverse)の話である。宇宙(universe)が1つ(uni)ではなく、多数(multi)である可能性を考慮し、それら数多くのuniverseの集合体を指す言葉だ。この「宇宙」の外に別の「宇宙」があるかも知れないと現在、多くの物理学者たちは考えている。なお「宇宙」の「宇」は「四方上下」(三次元空間全体)、「宙」は「往古来今」(過去・現在・未来の時間全体)を意味し、「宇」は空間的広がり、「宙」は時間的広がりに対応し、英語におけるspace-timeと同義である。

パラレルワールド(平行世界)と言い換えても良いだろう。時空が歪み、様々な「宇宙」からスパイダーマンたちが一箇所に集結するというアイディアが秀逸である。

Spiderverse2

そもそも「マーベル・シネマティック・ユニバース」(Marvel Cinematic Universe)という概念もスーパーヒーローが共有する架空の世界(宇宙)を意味しており、我々のいる宇宙や、マーベル・コミックの描く世界とも別物である。

本作が斬新なのは3DCGと2Dの融合である。基本的にはCGアニメーションだが、アクションシーンで突如擬音が吹出しで文字化され、コミックス仕様に一瞬変化するのだ。あと背景が粒立っており、紙面の質感を意識している。その志は高い。2002年に設立されたソニー・ピクチャーズ アニメーションはエポックメイキングな作品を創り出した。

アカデミー長編アニメ映画賞は2012年の「メリンダとおそろしの森」から17年「リメンバー・ミー」まで6年連続でディズニーとピクサーが交代で独占し続けてきた。そこにソニーが風穴を開けたことはデカイ。さぁ、来年は日本から新海誠「天気の子」が殴り込みをかけるゾ!大いに期待したい。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【考察】映画「コードギアス 復活のルルーシュ」と「カリ城」の緊密な関係

評価:A

Code

公式サイトはこちら

僕はテレビ放送された「コードギアス 反逆のルルーシュ」全50話をNetflixで観た上で本作に臨んだ。

驚いたのは死んだ筈のシャーリーが生きていたことである。劇場でも「あの娘、死んだんじゃなかったっけ!?」という会話がちらほら聞こえた。

後で知ったのだが、テレビの総集編となる劇場版三部作でシャーリーは死なないことに設定が変更されたようである。つまりパラレルワールド平行世界)ね。ちなみに現在、劇場版三部作は全てAmazon プライムにて課金なしで視聴出来るようになった

というわけで「復活のルルーシュ」を観たいと思う方は、最低限の予備知識として「反逆のルルーシュ」TV版か劇場版をご覧になっておくことを強くお勧めする。ただし劇場版(1本)はテレビの約17話分(417分)を140分に短縮しているので、流石に無理がある(分量1/3)。省かれたエピソードも多く、出来ればTV版に挑戦してみてください。絶対面白いから。

さて「復活のルルーシュ」だが、大河内一楼の脚本は相変わらず冴え渡り、谷口悟朗監督の演出もキレッキレ。

本作でナイトメアフレーム(人型機動兵器)の戦闘シーンは3DCGと手書きの両方が混ざり合った構成になっている。実は谷口監督が演出に関わっていないOVA「コードギアス 亡国のアキト」のナイトメアフレームはフル3DCG仕様なのだが、ハッキリ言って戦闘シーンのワクワク感が皆無である。つまり絵が無機質で冷たく、色気がない。完全な失敗作であった。一方、創意工夫が凝らされた「復活のルルーシュ」のアクションは絶妙なバランスとなった。

本作の冒頭部、C.C.と廃人同様のルルーシュが旅を続けるのを遠景から捉えたショットに僕は既視感(デジャヴュ)を覚えた。いつか見た、何故か懐かしい景色。でも初見時には思い出せなかった。

2回目の鑑賞で漸くその〈正体〉に気がついた。物語の終盤、全ての問題が解決し、海上に集結した超合衆国の軍隊がジルクスタン王国に続々と上陸作戦を開始する場面である。僕は内心で叫んだ。「アッ、これって宮崎駿『ルパン三世 カリオストロの城』の最後、ようやくインターポール(国際警察)が動き出し、沢山の警官たちがパラシュートでカリオストロ公国に降下してくる場面の変換じゃないか!!」

そう考えれば全てのパズルのピースが埋まった。〈お城に幽閉されたお姫様(ナナリークラリス)を救うために、主人公たちが奪還計画を実行する〉という基本プロットも全く同じだ。

そしてジルクスタン国王シャリオに仕える大将軍ボルボナ・フォーグナーは「カリ城」でカリオストロ伯爵に執事として仕え、裏では特殊部隊「カゲ」の長官を兼任するジョドーを変換したキャラクターである(その末路も極めて類似している;「無益な殺生はせぬ」by 五右衛門)。

だから「復活のルルーシュ」冒頭の二人連れの旅も、「カリ城」でルパンと次元がカジノの大金庫からゴート札を盗んだモナコ公国からカリオストロ公国に向かう情景をスケッチしたオープニング・クレジットへのオマージュだったのだ。

「反逆のルルーシュ」における宮崎アニメに対する数々のオマージュについてはこちらに詳しく書いた。

概ね満足できる作品だった。特に最後、C.C.のあんな素敵な笑顔が見れて本当に良かった。ただシャーリーの運命を変えたことが新作で全く生かされていないし、「反逆のルルーシュ」で生き残った登場人物の誰一人として「復活のルルーシュ」で死なないというのは、いくら〈ファンサービス〉のための〈お祭り〉とはいえ、ご都合主義なのでは?と些かの不満を申し添えておく。〈非情さ〉こそが「コードギアス」最大の魅力ではなかったか。

最後にいくつか豆知識(トリビア)を。

本作には〈アラムの門〉が登場する。ヘブライ語と密接な関係があるアラム語で〈トリイ〉とは〈門〉という意味である。アラム語はかつてシリア地方、メソポタミアで遅くとも紀元前1000年ごろから紀元600年頃までには話されていたという。つまり〈アラムの門〉≒〈トリイ(鳥居)〉であり、〈神(=Cの世界/集合無意識)にアクセスするための門〉と言えるだろう。

途中ルルーシュは「またお前たちに助けられたな」と言う。最初誰のことなのか判らなかったが、多分、「お前たち」とはCの世界にいるユーフェミアやロロの魂のことなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧