旅への誘ひ

2017年8月 5日 (土)

尾瀬へ!

7月20日から25日にかけて、尾瀬に旅をした。尾瀬は新潟・群馬・福島の県境にある。3県のどこからでもアプローチ可能だ。

入山前日には「日本秘湯を守る会」の宿、梅田屋旅館@群馬県に泊まった。なにより温泉の泉質が素晴らしかった!

尾瀬といえば

夏が来れば 思い出す
はるかな尾瀬 遠い空
(中略)
水芭蕉の花が 咲いている
夢見て咲いている水のほとり

という、江間章子作詞、中田喜直作曲「夏の思い出」を想い出す人が多いだろう。1954年NHKラジオ歌謡で放送され、一躍有名になった。しかし水芭蕉が見頃なのは5月下旬から6月中旬まで。7月下旬はニッコウキスゲが花盛りだ。

Img_1158

写真正面に見えるのが至仏山。背後には燧ヶ岳が聳えており、この二つの山に挟まれて広大な湿原・尾瀬ヶ原が広がっている。

僕が尾瀬に行くのはこれが6回目。その内訳は5月下旬に1回、盛夏に4回、紅葉の秋に1回。至仏山も燧ヶ岳にも登った。山小屋で旅人に訊ねても、ニッコウキスゲが咲き誇る7月下旬の尾瀬が一番好きという人が圧倒的に多い。水芭蕉ってね、何か地味なんよ。湿原に沢山咲いていても、直ぐに飽きてしまう。

Img_1159

写真奥の白い草はワタスゲだ。ウグイスやカッコウの声が聞こえてくる。

僕にとって尾瀬はディーリアス音詩(tone poem)と密接に結びついている。特に「夏の夕べ Summer Evening」。そして「夏の歌 Song of Summer」「夏の庭園にて In a Summer Garden」などを聴くと否応なく尾瀬の風景が目の前に広がるのだ。

Img_1163

2011年に東日本大震災及び福島原発事故が発生し、しばらく足が遠のいていた。実際、環境省の公表資料を見てみると2010年の総入山者数が34,7万人だったのに対し、11年には28,1万人に落ち込んでいる。15年には32,6万人にまで回復した。因みに尾瀬ヶ原には昔から東電小屋があるが、東京電力は未だ手放していなかった(→サイト「尾瀬と東京電力」へ)。

しかし6歳になる息子に「地上の楽園」尾瀬をどうしても見せたいと想い、漸く再訪する決意を固めた。

Img_1169

鳩待峠から入山し、見晴にある弥四郎小屋で2泊した。上の写真は小屋の2階からの眺め。標高のせいか小屋で飲む生ビールの旨さは絶品だ。翌日は尾瀬沼へ向かって出発した。

見晴の標高が1,400mで尾瀬沼が1,660m。標高差約250mの長い上り坂となっている。途中、珍しく水芭蕉がまだ可憐に咲いている場所が一箇所だけあった。

Img_1170

尾瀬沼では毎回、長蔵小屋に泊まっていた。明治23年(1890年)に建てられた、尾瀬で最も古い小屋だ。しかし今回は初めて尾瀬沼ヒュッテに宿泊。雑魚寝の長蔵小屋とは違い個室で、食事も翌日のお弁当(おにぎり)も美味しかった!風呂も快適。次回からもここを利用しよう。

Img_1184

尾瀬沼近くの大江湿原。ここのニッコウキスゲの群生は尾瀬ヶ原の比ではない。10倍は下らないだろう。

Img_1182

写真中央に紫色のヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲)が見えるだろうか?

Img_1190

息子も気に入ってくれたようで良かった。1日12Km(1万8千歩)歩くこともあり、自分の体力(足)にも自信を持ったようだ。

Img_1189

最終日は早朝に山小屋を発ち、1時間半歩いて沼山峠に出た。バスを経て会津高原尾瀬口から新型特急リバティに乗り、帰途についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年4月11日 (月)

吉野の桜 2016

4月10日(日)奈良県吉野郡吉野町へ。岡山県から関西に引っ越してきてから、春に吉野を訪ねるのは12年連続の恒例行事となった。

Img_0473

Img_0470

Img_0501

4歳になる息子も0歳の時から連れて来ているので、今回が5回目である。最初の頃は当然、花なんかに興味がなかったが、最近では「綺麗ねぇ」と言うようになった。シートを敷いてゴロゴロ転がり、コガネムシやアリを見ては騒ぎ「愉しかった!また来たい」と。

Img_0502

日本人は不思議な民族である。桜が満開の時期はせいぜい2−3日で、雨が降り強風が吹けば呆気なく散ってしまう儚い存在である。花見を愉しめる期間は1年のうち僅か1週間程度。しかし束の間の歓びのために惜しみない情熱を注ぎ、木を次々に植え、丹精込めて育てる。外国人には理解し難い独特の美意識(もののあはれ/無常観)がそこにはある。それが長所/利点かどうかは別問題として。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年10月14日 (水)

粟島への旅

藤井フミヤがテレビ「笑っていいとも」で「もう一度訪れたい島」として挙げたのが以下のランキングである。

  1. 粟島(香川県)
  2. イースター島
  3. 屋久島(鹿児島県)

その粟島へ9月に行ってきた。

Img_1627_2

車を香川県須田港の無料駐車場に置き、粟島汽船で島へ。二泊したのは一日一組限定の「民宿ぎんなん」。目の前に瀬戸内海が広がり、夜寝ていると波の音が聞こえる。携帯電話の電波は届かない。文明から遠く離れて、なんとものんびりした気分に浸れる。何もない。だから良い。

Img_1609

夜は幻想的な海ホタルを鑑賞。宿のおかみさんが日中、紐付きの瓶に魚のアラを仕込み海に投擲、暗くなってそれを手繰り寄せると沢山集まっているという仕組み。4歳の息子は大喜びで砂浜を駆け回っていた。

Img_1607

すぐ近くのぶいぶいガーデンは様々な花が咲き誇り、美しい。ホッコリする。個人のお庭なのだけれど、ご自由にお入りくださいと看板に書いてある。

Img_1600

Img_1616

Img_1617

高松では有名な「うどん本陣 山田家」や四国村の「わら家」でうどんを食べたが、善通寺市「長田 in 香の香」の釜揚げが抜群に美味しかった。本家本元「長田うどん」より好き。

旅行三日目の夕食は骨付鳥「一鶴」屋島店へ。シルバーウィークということもあってか、駐車場待ちには県外車がずらり。結局、食事にありつけるまで1時間半待ちという大混雑ぶりだった。

その日は屋島山頂にある「ホテル望海荘」に宿泊。僕は以前、仕事で高松に2年半住んでいたのだが、屋島の夜景を見るのは初めて。壮大なパノラマが目の前に広がり、宝石箱のようにキラキラ輝いて想像以上の絶景だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月19日 (日)

吉野の桜 2015

4月12日(日)奈良県吉野郡吉野町へ。関西に引っ越してきて4月に吉野を訪ねるのは11年連続となった。

今年は3月から4月にかけて「梅雨か!?」というくらいよく雨が降った。その間隙を縫って、ここしかないという快晴の日。ちょうど中千本から上千本にかけて満開だった(下千本は散り始め)。

Y1

Y2

Y3

Y4

花吹雪が舞い、正に幻夢の世界であった。

Y5

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年1月11日 (日)

雪深い奥飛騨温泉郷への旅〜宮﨑駿との意外な接点

正月休暇で岐阜県の奥飛騨温泉郷へ旅をした。一泊目は新穂高温泉・槍見舘。日本秘湯を守る会に所属する宿である。

H4

内風呂以外に露天風呂が7つ(うち、貸切露天風呂4)もあり、蒲田川を眺めながら掛け流しの温泉にゆったり浸かることが出来る。

H1

山の日暮れは早く、午後4時になると夕方の薄ぼんやりした風景となった。

H2

夜は露天風呂の上空にオリオン座がくっきりと輝き、月明かりが雪に映え山の頂上まで見えた。

毎朝、宿でお餅つきがあるのも嬉しい。

槍見館を発って訪れたのが新穂高ロープウェイ。日本唯一の2階建てゴンドラを有する。頂上で雪の中に立つと、周りは完全な無音の空間が広がる。雪が音を吸収するということもあるし、虫や鳥が一切いない「死の世界」であると言い換えることも出来るだろう。

二日目の宿は福地温泉・孫九郎へ。ここで連泊。

F11  

鄙びた宿の槍見舘と違って何の変哲もない一般的客室で、食事も素朴な内容だが美味しい。朴葉味噌焼きとか飛騨牛とか、この地域は食文化が豊かだ。

F1

孫九郎の何が素晴らしいって、泉質だ。僕は、北は北海道・知床半島のカムイワッカ湯の滝から南は鹿児島県・屋久島まで数多くのお温泉に入ってきたが、ここは最高レベルであると断言出来る。4つの源泉を持ち、循環でないのは無論のこと(湯をブレンドすることで)加水すらしない源泉100%の湯に入れるというのが魅力。すべてのお風呂の泉質が違うのも面白い。「のくとまり入湯手形」を利用して孫九郎の向かいにある長座の湯にも 入ってみたが、なんだか「薄い」気がした。

孫九郎のフロントには宮﨑駿の色紙が飾られていた。

H3

しかも3枚とも日付が違う!息子の吾朗や孫と写った写真も。よっぽどお気に入りなんだね。

F2

F10

雪景色の散策は愉しい。

F4

F5

萬葉館の手打ち蕎麦やコーヒー、五平村で囲炉裏に炙った五平餅も美味しかった!

F6

「アナと雪の女王」がお気に入りで「ありのままで」を歌ったりもする3歳の息子に、本物の雪の冷たさ、その感触を味わってもらいたい。それが今回の旅の目的のひとつであった。

F8

「青だる」である。滴り落ちる水が凍りついて、青い水の帯のように見える現象のことをいう。

F7

 

F9

命の洗濯をした4日間であった。また来たい。新緑の奥飛騨にも興味があるが、やっぱり次も冬がいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年4月12日 (土)

10年目の吉野の桜 (10年桜)

岡山から関西に引っ越してきて、10回目の春を迎えた。

この季節に奈良へ旅し、吉野山で桜を見るというのは毎年欠かせない年中行事となった。

Yo2

Yo5

上の写真は中千本から上千本を見上げた風景である。

Yo1

下方に伸びた木の影までが美しい。

Yo3

Yo4

2歳の息子(勿論、彼が0歳の時から連れて来ている)はこの風景を眺めながら「おばぁちゃ〜ん!」と叫んだ。どうやら最近お気に入り「となりのトトロ」のメイちゃんを真似ているらしい。

Yo6

僕は否応なく、新海誠監督の「秒速5センチメートル」のことを想い出した。

ソメイヨシノの花びらは重たいので散り際に垂直に落ちるが、吉野の山桜は軽くて横に流れるか、風向き次第では上空に舞い上がる!それはもう言葉を失う、圧倒的情景だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年4月 4日 (木)

吉野の桜 2013

4月4日、奈良県の吉野山へ。

Yosi4

毎年恒例となった桜狩である。

Yosi2

今年は例年より早く、既に中千本は満開であった。

Yosi3

Yosi1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年4月18日 (水)

吉野に桜咲く (「義経千本桜」ゆかりの地を訪ねて)

4月12日。大阪に引っ越して来て以来、毎年恒例となった吉野の桜狩に行った。

Yo1

Yo2

いつもこの時期に吉野を訪ねるのだが、今年は開花時期が遅く、中千本は未だつぼみの状態だった。

Yo3

Yo4

Yo5

それでもやはり吉野は美しく、森林浴や野鳥の声を愉しんだ。

Yo7

一部で誤解があるようなので述べておくが、吉野山にあるのは山桜である。ソメイヨシノ(染井吉野)は江戸末期から明治初期に江戸の染井村で品種改良されたものであり、吉野への憧れから命名された。

Yo8

Yo9

Yo11

お昼には山の麓の「つるべすし弥助」を訪ねた(HPはこちら)。

Yo12

ここは創業八百年という歴史が刻まれており、歌舞伎「義経千本桜」~”すし屋”の段のモデルとなった店である。

「弥助」は例えば村上春樹さんが訪れている(→「奈良の味を歩く」詳細へ)。また吉川英治も昭和三十一年に宿泊しており、「浴衣着て ごん太に似たる 男かな」と詠んでいる。

Yo14

鮎の塩焼き。

Yo15

上の写真は鮎鮨と鮎の野菜あんかけ。

Yo13

古(いにしえ)の日本を感じさせる、堂々たる風格だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年10月 3日 (月)

京の茶漬け&「フェルメールからのラブレター展」「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」@京都市美術館

京都へ!

K1

お昼に京都御所近く、丸太町の「十二段家」で京の茶漬けをいただく。

K2

ここはご飯がすごく美味しいので、一膳目はお茶をかけずそのままで。また出し巻きが、おだしが効いていて絶品。

K3

季節の一品は鱧(はも)と秋の京野菜。

そして京都市美術館へ。

K5

「フェルメールからのラブレター展」は10月16日まで開催中。世界に三十数点しか存在しないフェルメールの絵画が三点も集まったというのは画期的ではないだろうか?手紙を読む女、そして手紙を書く女たち。窓から差し込む光、それが作り出す影とのハーモニー。そしてラピスラズリを原料とする”フェルメール・ブルー”の美しさが印象深い。

またデ・ホーホの「中庭にいる女と子供

H1

そして「室内の配膳室にいる女と子供

H2

二枚の絵の遠近感が素晴らしかった。開放されたドアや窓から見える風景が効果的。

K4

フェルメール展は入場待ちが40分かかったが、「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」は待ち時間なし。こちらは11月27日まで。フェルメール展の半券提示で入場料100円引きだった。

ゴッホの自画像がこの展示の”売り”だが、僕はむしろモネの二点が良かった。

まず「ヴェトゥイユの画家の庭

Mo

三人の人物の配置が見事。燦燦と降り注ぐ陽光、鮮やかな色彩感。この絵を観ながら心の中でディーリアスの音詩(tone poem)、例えば「夏の庭園にて」とか「夏の歌」が流れるのを感じた。考えてみればディーリアスは晩年をパリ郊外にある田舎町グレ・シュル・ロアンで過ごした。両者に共通するものがあるのは決して偶然ではあるまい。

そして僕が最も心奪われたのは「日傘の女性、モネ夫人と息子日傘をさす女)」何度も何度もこの絵に戻ってきて、見入ってしまった。

Woman_with_a_parasol

モデルは妻のカミーユと息子のジャン。被写体が逆光というのが斬新だし、ヴェールに覆われたカミーユの表情が魅惑的。また実際の絵を観て初めて気付いたのだが、彼女の上半身と下半身で吹いている風向きが逆なのである。

この絵が描かれたのは1875年。その4年後にカミーユは32歳の若さで亡くなった。そして歳月が経ち1886年にモネは再び、同じ題材の作品に取り組んだ。それが下の二点である。

Monet1

Monet2

顔に注目。この時の画家の心境や如何に、と僕は想いを馳せるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月25日 (月)

マーラー「夏の交響曲」〜大野和士/京都市交響楽団 定期

7月24日(日)、京都へ。

「馳走いなせや」で昼食。丹波地鶏や縁高に盛り込んだ季節の品々に舌鼓を打つ。

Kyo3

時間が余ったのでイノダコーヒー本店へ。

Kyo2

いい感じ。

そして最終目的地、京都コンサートホールに到着。

Kyo

フランス国立リヨン歌劇場主席指揮者として活躍する大野和士さんの指揮、京都市交響楽団および、京都市民合唱団(女声)、京都市少年合唱団で、

  • マーラー/交響曲 第3番

チケットは発売数日で早々に完売。期待の高さが窺われる。

アルト独唱は当初、小山由美さん(ドイツ・シュトゥットガルト在住)が予定されていたが、体調不良のため手嶋眞佐子さんに変更になった。

マーラーは当初、各楽章に副題を付けていた(後に削除)。

第一部 序奏「牧神(パン)が目覚める」(8本のホルンが奏でる第1主題) 第1楽章「夏が行進してくる(バッカスの行進)」 

第二部 第2楽章「野原の花々が私に語ること」 第3楽章「森の動物たちが私に語ること」 第4楽章「夜が私に語ること」 第5楽章「天使たちが私に語ること」 第6楽章「愛が私に語ること」

マーラーは夏期休暇をアッター湖畔のシュタインバッハで過ごし、この交響曲もそこに建てられた小さな作曲小屋で生み出された。

どんどん高みに上って行くかのような終楽章について、大野さんはプレトークで、ゲーテの「ファウスト」 第二部 最後に登場する「永遠に女性的なるものがわれらを高みへと引き上げ、昇らせてゆく」という詩に恐らく呼応しているだろうと仰っていた。

第1楽章からリズムに切れがあり、弾ける。音楽は躍動し、終盤の加速が凄かった。

第2楽章は軽やかでスマート。透明感があった。

第3楽章は研ぎ澄まされた音で、澄み切った高原の空気が感じられた。音楽は洗練され、爽やかな風が通り過ぎる。

アルト独唱が登場する第4楽章はまどろみ、夢見る。

そして天使(児童合唱)が歌う第5楽章を経て、第6楽章では自分のヨゴレが浄化されるよう。最後は清清しい光が差し込んでくる風景が目の前に広がっていった。「嗚呼、人間マーラーを抱きしめたい!」そんな愛おしさを感じた。

「世紀末」「病的」「爛熟」「退廃」という文脈で語られることが多いマーラーの音楽だが、大野さんの解釈はそれとは無縁で、むしろ健康的な夏の開放感、魂の清らかさがあった。こういうマーラーも新鮮で素敵だなと想った、真夏の昼下がりであった。

それにしても京響の金管はよく鳴って気持ちがいいね!安心して聴ける。日ごろ大フィルの頼りない金管(特にトランペット)にハラハラさせられっぱなしなだけに、羨ましかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧