« 岩井俊二監督「ラストレター」と新海誠/大林宣彦 | トップページ | 【考察】音楽とは何か?〜J.S.バッハ・オルガン作品演奏会:小糸 恵 »

2020年2月19日 (水)

木嶋真優 & イリヤ・ラシュコフスキー デュオ・リサイタル

2月2日兵庫県立芸術文化センター@西宮へ。

上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクールで優勝した木嶋真優と、恩田陸の小説「蜜蜂と遠雷」で有名になった浜松国際ピアノコンクールで優勝したロシア出身のイリヤ・ラシュコフスキーを聴く。

Eq9g98cuyaav4o2

  • シューマン:幻想小曲集
  • シューマン:アラベスク(ピアノ・ソロ)
  • フランク:ヴァイオリン・ソナタ
  • プロコフィエフ:「ロメオとジュリエット」組曲(リディア・バイチ 編)
  • プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ 第2番

アンコールは

  • グラズノフ:瞑想曲 ニ長調 Op.32
  • スメタナ:わが故郷より
  • チャイコフスキー:「白鳥の湖」より“黒鳥”

シューマン「幻想小曲集」は元々、クラリネットとピアノのために書かれたもの。

プロコフィエフのヴァイオリン・ソナタ 第2番の原曲はフルート・ソナタで、これを聴いたダヴィド・オイストラフが作曲家にヴァイオリンへの編曲を熱心に勧め、オイストラフ自身が初演した。

木嶋は兵庫県神戸市生まれで、学生時代に西宮北口で阪急電車を乗り換え、小林駅まで通学していたという(小林聖心女学院小・中学校卒業)。

非常に雄弁で情熱的な演奏だった。大ホールの2階席中央で聴いたが、しっかり音が飛んできた。ラシュコフスキーのピアノは達者だが、余り印象に残らず。

2000席が完売。大したものだ。

|

« 岩井俊二監督「ラストレター」と新海誠/大林宣彦 | トップページ | 【考察】音楽とは何か?〜J.S.バッハ・オルガン作品演奏会:小糸 恵 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岩井俊二監督「ラストレター」と新海誠/大林宣彦 | トップページ | 【考察】音楽とは何か?〜J.S.バッハ・オルガン作品演奏会:小糸 恵 »