« ショパン国際ピアノ・コンクールの覇者アヴデーエワに呆れ果てる〜BBC プロムス・イン・大阪 | トップページ | 閉鎖病棟 ーそれぞれの朝ー »

河村尚子 ピアノ・リサイタル「ベートーヴェン紀行」最終回

11月4日(月)兵庫県立芸術文化センターへ。河村尚子のリサイタルを聴く。

  • ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30・31・32番

Kawa_20191108162701

河村は兵庫県西宮市出身。恩田陸原作の映画「蜜蜂と遠雷」で主人公・栄伝亜夜(松岡茉優)のピアノ演奏を担当し、話題をさらった。

今回使用されたピアノはベーゼンドルファー 280VC。

第30番はテンポを積極的に動かし、力強い意志が感じられる。

第31番の第3楽章は序奏を経て、切々と「嘆きの歌」が歌われる。これはJ.S.バッハの「ヨハネ受難曲」との関連が指摘されており、十字架上のイエスを見つめるマリアの哀しみを連想させる。やがて3声のフーガが開始され、教会のステンドグラスから光が差し込む情景が幻視される。どこからか鐘の音も聴こえてくるようだ。

第32番の第1楽章は峻厳な響き。河村は叩きつけるように音を奏でる。空恐ろしい音楽に打ちのめされた。第2楽章の変奏曲は穏やかで崇高。迷える魂に救済の手が差し伸べられ、彼は浄化されて昇天する。

河村による後期ピアノ・ソナタのアルバムがリリースされるのが、楽しみだ。

|

« ショパン国際ピアノ・コンクールの覇者アヴデーエワに呆れ果てる〜BBC プロムス・イン・大阪 | トップページ | 閉鎖病棟 ーそれぞれの朝ー »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ショパン国際ピアノ・コンクールの覇者アヴデーエワに呆れ果てる〜BBC プロムス・イン・大阪 | トップページ | 閉鎖病棟 ーそれぞれの朝ー »