« 「天気の子」劇場用パンフレット第2弾登場!〜新海誠監督が質問に答えてくださいました。 | トップページ | デュメイ/関西フィル「シンドラーのリスト」「ニュー・シネマ・パラダイス」 »

柳家喬太郎なにわ独演会(昼・夜 通し)

9月14日(土)ドーンセンター・ホール@大阪市へ。柳家喬太郎の独演会を昼・夜 通しで聴く。

Kyon2

昼の部

  • 林家八楽:からぬけ
  • 柳家喬太郎:初音の鼓
  • 柳家喬太郎:午後の保健室(喬太郎作)
  • 林家二楽・八楽:紙切り
  • 柳家喬太郎:縁切榎

夜の部

  • 林家八楽:子ほめ
  • 柳家喬太郎:親子酒
  • 柳家喬太郎:稲葉さんの大冒険(三遊亭圓丈作)
  • 林家二楽・八楽:紙切り
  • 柳家喬太郎:心眼

一席目と二席目の間に一旦舞台から退出する喬太郎。「一々高座をおりずに続けて演れば良いようなものですが、こういうのを専門用語で〈気を取り直す〉と申します」と(勿論、出鱈目)。

「午後の保健室」は3人の叙述トリックという手法が斬新。1人ならアガサ・クリスティーの「アクロイド殺し」など数多(あまた)あるが、これだけの人数を出来るのは落語ならではだろう。

「稲葉さんの大冒険」において、松の木を背中に担いで移動する場面では「桂枝雀師匠『宿替え』へのオマージュです」と言い、喝采を浴びた。シュールで悪魔的。抱腹絶倒の新作落語。

「心眼」は三遊亭圓朝作。目が見えない方が、実は世の中のことをよく見通すことが出来るという皮肉。実に巧妙な噺である。

喬太郎の出演する落語会はもう数十回足を運んでいるのだが、未だに彼の新作「ハワイの雪」に当たっていない。もうそろそろ、関西でかけてくれませんか、喬太郎さん?

|

« 「天気の子」劇場用パンフレット第2弾登場!〜新海誠監督が質問に答えてくださいました。 | トップページ | デュメイ/関西フィル「シンドラーのリスト」「ニュー・シネマ・パラダイス」 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「天気の子」劇場用パンフレット第2弾登場!〜新海誠監督が質問に答えてくださいました。 | トップページ | デュメイ/関西フィル「シンドラーのリスト」「ニュー・シネマ・パラダイス」 »