« シアター一期一会 《私家版ナショナル・ストーリー・プロジェクト》 | トップページ | 菊池洋子 モーツァルト 音のパレット 第3回 »

キアロスクーロ・カルテット@兵庫芸文

4月27日(土)兵庫県立芸術文化センターへ。アリーナ・イブラギモヴァ率いるキアロスクーロ・カルテットを聴く。

Sq

  • J.S.バッハ:「フーガの技法」より
  • メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲 第1番
  • ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第7番「ラズモフスキー第1番」
  • ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第2番より第3楽章(アンコール)

このカルテットは(通常のスティールではなく)ガット弦を張り、基本的にノン・ヴィブラート奏法(ピリオド・アプローチ)である。

チェロ以外は立奏で、チェロは下を支えるエンドピンがない古楽器。しかし楽譜は最新式で全員iPadを使用。譜めくりはフットスイッチで操作。

メンデルスゾーンは清新で軽やか。

ベートーヴェンはラ・サール弦楽四重奏団やアルバン・ベルク弦楽四重奏団ほど威圧的・厳格にならない。そこに「女の眼」を感じた。丁度良い匙加減。

今やピリオド・アプローチでベートーヴェンの交響曲を演奏するのは当たり前の時代になったが、後期の弦楽四重奏曲については殆ど前例がない。キアロスクーロ・カルテットが第13番以降に取り組む日は果たして来るのか?大いに注目したい。

|

« シアター一期一会 《私家版ナショナル・ストーリー・プロジェクト》 | トップページ | 菊池洋子 モーツァルト 音のパレット 第3回 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シアター一期一会 《私家版ナショナル・ストーリー・プロジェクト》 | トップページ | 菊池洋子 モーツァルト 音のパレット 第3回 »