« フェルメール展@大阪市立美術館と、インディアンイエロー、ヱヴァンゲリヲン | トップページ | 小豆島へ »

ホイットニー〜オールウェイズ・ラヴ・ユー

評価:A

H 

公式サイトはこちら

ホイットニー・ヒューストンをめぐるドキュメンタリー映画である。監督のケヴィン・マクドナルドは「ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実」でアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞。劇映画「ラストキング・オブ・スコットランド」も見応えがあった。

いや〜面白かった!歌手を描いたドキュメンタリー映画といえば、やはりアカデミー賞を受賞した「AMY エイミー」があるが、断然僕は本作の方を支持する。

観ていて辛い作品ではある。大スターになった女の子を家族が食い物にしてゆく。つまらない男に引っかかり、(幼少期に従姉妹ディー・ディー・ワーウィックから受けた性的虐待がトラウマとなり) 薬に溺れ、身を滅ぼす。彼女の娘も同じ道を歩むことになる。しかしここには人間の真実の姿、どうしようもない本性がある。

なお、ディー・ディーの姉ディオンヌ・ワーウィックは妹にかけられた疑惑を「バカげた話」と完全否定している(当人は死去)。

| |

« フェルメール展@大阪市立美術館と、インディアンイエロー、ヱヴァンゲリヲン | トップページ | 小豆島へ »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フェルメール展@大阪市立美術館と、インディアンイエロー、ヱヴァンゲリヲン | トップページ | 小豆島へ »