« 三谷幸喜(作)ミュージカル「日本の歴史」 | トップページ | 【考察】魔女とは何者か?〜リメイク版「サスペリア」を観る前に絶対知っておくべき2,3の事項(ユング心理学など) »

映画「マスカレード・ホテル」

評価:B+

Maskaredohotel

意外な(ゴメン!)拾いもの。正直、全く期待していなかった。実はTOHOシネマズのマイルが溜まったので、12月末に「1ヶ月フリーパスポート」を手に入れた。無料(ただ)だから観たという次第。

東野圭吾のミステリー小説は好きで結構読んでいる。彼の最高傑作だと思うのは「白夜行」だが、堀北真希が主演した映画は救いようのない駄作だった。「g@me」とか「レイクサイド マーダーケース」も観たが、どうも映像化では恵まれていないという印象。今回が一番出来が良かった。

豪華出演者による、いわゆる《グランド・ホテル形式》✕ミステリーの融合が見事に成功しており、張り巡らされた伏線が最後に綺麗に回収され、心地よい。緻密な構成だ。

〈お客様に対するおもてなしとは何か?〉というテーマは、三谷幸喜脚本によるフジテレビのドラマ「王様のレストラン」(1995年放送)に通じるものがある。言わずと知れた不朽の名作だ。

「マスカード・ホテル」の鈴木雅之監督は「王様のレストラン」のチーフ・ディレクターであり、製作を務める石原隆も「王様のレストラン」の企画に携わっている。そして「王様のレストラン」の梶原善と田口浩正が「マスカレード・ホテル」に出演しているという次第。

ホテルのロビーのセットが非常に豪華で映画の醍醐味を味わえる。「作り物めいている」という批判があるが、それは「王様のレストラン」もおなじこと。〈嘘から出た実(まこと)〉というものもあるのだ。

|

« 三谷幸喜(作)ミュージカル「日本の歴史」 | トップページ | 【考察】魔女とは何者か?〜リメイク版「サスペリア」を観る前に絶対知っておくべき2,3の事項(ユング心理学など) »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「マスカレード・ホテル」:

» マスカレード・ホテル [象のロケット]
連続殺人事件の潜入捜査のため、警視庁捜査一課の刑事・新田浩介は女性職員・山岸尚美の指導を受けながらホテル・コルテシア東京のフロントクラークとして受付に立つことに。 刑事として利用客の“仮面”を剥がそうとする新田と、ホテルマンとして顧客の“仮面”を守ろうとする尚美は、衝突を繰り返しながらも不思議な信頼関係を築いていく…。 ミステリー。... [続きを読む]

受信: 2019年1月31日 (木) 23時31分

« 三谷幸喜(作)ミュージカル「日本の歴史」 | トップページ | 【考察】魔女とは何者か?〜リメイク版「サスペリア」を観る前に絶対知っておくべき2,3の事項(ユング心理学など) »