« へレディタリー/継承 | トップページ | 望海風斗 主演/宝塚雪組「ファントム」 »

来る

評価:A

Kuru

「へレディタリー/継承」に引き続き、〈呪いとしての家族〉のお話である。

外連味たっぷりの、ド派手なエンターテイメントだ。面白い!公式サイトはこちら

本作を観ながら感じたのは、「これって日本版『エクソシスト』だな」ということ。「エクソシスト」で少女に取り憑いた悪霊を祓うのはカトリック教会の神父だが、「来る」では神道+仏教の総力戦となる。

中島哲也監督は「告白」同様、冴え冴えとした画面の感触が作品の世界観にぴったり寄り添っていた。

|

« へレディタリー/継承 | トップページ | 望海風斗 主演/宝塚雪組「ファントム」 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

ホラーが大の苦手なのですが、全然怖くなく安心して観れました。“あれ”と霊媒師の戦いは韓国映画の『哭声/コクソン』をド派手にした感じでしたね。

投稿: | 2018年12月15日 (土) 21時26分

仰る通り全然怖くない、一大エンターテイメント作品でしたね。それから今後、ハンドル名のない方はコメントを公開しませんので、あしからず。

投稿: 雅哉 | 2018年12月25日 (火) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来る:

» 『来る』109シネマズ木場7 [ふじき78の死屍累々映画日記・第二章]
▲画像は後から。 五つ星評価で【★★★★お祓いエンタティーメント】 とても面白かった。でも、怖くはなかった。何でだろうという事を書きたい。 登場人物が魅力的である。 特に松たか子演じる「日本最強霊媒師」が来た来た来た感いっぱい。 ああ普通でないと怪異に立ち向かえないという感じが色濃い。 松たか子の近くにいて、霊媒をこじらせた小松菜奈も良ければ、 松たか子の次席にいて、着実に...... [続きを読む]

受信: 2018年12月13日 (木) 00時48分

» ショートレビュー「来る・・・・・評価額1600円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
霊媒大戦争(笑 異才・中島哲也の最新作は、日本ホラー小説大賞受賞作、澤村伊智の「ぼぎわんが、来る」を原作としたオカルトホラー。 ただし、小説と映画は全くの別モノだ。 平凡な親子三人家族に怪異が迫る第1章は、かなり忠実。 しかし第2章以降が全く異なっていて、怪異の正体も、そもそもなぜ怪異が来たのか、その原因となった人物も、物語の視点もテーマそのものも全く違うのだけど、これはこれで面...... [続きを読む]

受信: 2018年12月13日 (木) 23時11分

» 来る [象のロケット]
オカルトライターの男・野崎のもとにやって来た相談者の男性・田原は、奇怪な現象に悩まされ妻子に危害が及ぶことを恐れていた。 野崎は霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を開始するが、その「何か」の霊的攻撃はエスカレートし、死傷者が続出。 真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、大規模なお祓いが行われることに…。 ホラー。... [続きを読む]

受信: 2018年12月20日 (木) 01時04分

« へレディタリー/継承 | トップページ | 望海風斗 主演/宝塚雪組「ファントム」 »