« U.S.A.〜大阪桐蔭高等学校吹奏楽部 サンタコンサート2018 | トップページ | ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート今昔物語 »

2018年映画ベスト39&個人賞発表!

2018年に劇場で初公開された作品及び、Netflix, Huluなどインターネットで配信された映画を対象とする。ただし、「ザ・クラウン」「ゲーム・オブ・スローンズ」「ストレンジャー・シングス」「侍女の物語(The Handmaid's Tale)」など連続ドラマは除外する。タイトルをクリックすれば過去に僕が書いたレビューに飛ぶ仕組み。

ここで断っておかなければならないのは、本来「花筐」と「勝手にふるえてろ」は東京で17年に公開された作品だが、関西での公開が遅かったために今年に入れた。

またアカデミー監督賞(アルフォンソ・キュアロン)並びにアカデミー外国語映画賞の大本命「ROMA/ローマ」(メキシコ代表)と、「メアリーの総て」「グリンチ」「シュガーラッシュ・オンライン」のレビューは年末までに間に合わなかったので、年が明けてから書く予定。悪しからず。

  1. ペンギン・ハイウェイ
  2. 若おかみは小学生!
  3. 花筐/HANAGATAMI
  4. ROMA/ローマ
  5. 万引き家族
  6. 勝手にふるえてろ
  7. リズと青い鳥
  8. アリー/スター誕生
  9. アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル
  10. ミッション・インポッシブル/フォールアウト
  11. 未来のミライ
  12. ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
  13. レディ・プレーヤー1
  14. スリー・ビルボード
  15. シェイプ・オブ・ウォーター
  16. ラブレス
  17. メアリーの総て
  18. シュガーラッシュ・オンライン
  19. ウインド・リバー
  20. カメラを止めるな!
  21. インクレディブル・ファミリー
  22. ファントム・スレッド
  23. ザ・スクエア 思いやりの聖域
  24. 生きのびるために
  25. ボヘミアン・ラプソディ
  26. パディントン2
  27. デトロイト
  28. 羊と鋼の森
  29. ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男
  30. 来る
  31. ちはやふる ー結びー
  32. グレイテスト・ショーマン
  33. アンダー・ザ・シルバーレイク
  34. アナイアレイション ー全滅領域ー
  35. グリンチ
  36. 犬ヶ島
  37. ゲティ家の身代金
  38. フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
  39. クワイエット・プレイス
監督賞:大林宣彦(花筐/HANAGATAMI
主演女優賞:松岡茉優(勝手にふるえてろ
助演女優賞:安藤サクラ(万引き家族
主演男優賞:ブラッドリー・クーパー(アリー/スター誕生
助演男優賞:サム・エリオット(アリー/スター誕生
スタント賞:トム・クルーズ(ミッション・インポッシブル/フォールアウト
脚本賞:吉田玲子(リズと青い鳥若おかみは小学生!
撮影賞:アルフォンソ・キュアロン(ROMA/ローマ
編集賞:大林宣彦花筐/HANAGATAMI
美術賞:篠原睦雄(リズと青い鳥
衣装デザイン賞:マーク・ブリッジス(ファントム・スレッド
作曲賞:アレクサンドル・デスプラ(シェイプ・オブ・ウォーター
歌曲賞:「グレイテスト・ショーマン」より"This Is Me"
今年最高の台詞:「俺はガンダムで行く!」(レディ・プレーヤー1
 

|

« U.S.A.〜大阪桐蔭高等学校吹奏楽部 サンタコンサート2018 | トップページ | ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート今昔物語 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

話題の「ROMA/ローマ」、既にご覧になられたのですね!
うらやましいです

投稿: onscreen | 2018年12月30日 (日) 15時10分

onscreenさん

キュアロンの新作はNetflixで観ました。最早音楽をCDで聴く時代ではなくなったように、映画も映画館で観る時代が終わろうとしていて、配信への移行期に入っています。フィルム上映の頃はまだ映画館で鑑賞する意義がありましたが、デジタル上映が留めを刺しました。メリットが完全になくなってしまった。

ギレルモ・デル・トロの最新作「ピノキオ」もNetflixから配信される予定です。

投稿: 雅哉 | 2018年12月30日 (日) 22時11分

Netflix...ですかー(涙)

これで作品賞とっちゃうと、そっちへ一気に雪崩打ちそうですね(汗)

投稿: onscreen | 2018年12月31日 (月) 09時43分

「ROMA/ローマ」でキュアロンが監督賞を受賞するのは、ほぼ確実ではないでしょうか?あと外国語映画賞と。スピルバーグはネット配信作品が映画賞を受賞すべきではないと述べていますが、もう時代の激流を誰も止めることは出来ません。It is written. なのです。

投稿: 雅哉 | 2018年12月31日 (月) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年映画ベスト39&個人賞発表!:

» 2018 Unforgettable Movies [ノラネコの呑んで観るシネマ]
2018年の映画を一言で表すと、洋邦ともに「大怪作」だと思う。 SNSとネット配信の普及は、映画会社が企画を立てお金を集め作品を作り、配給会社が宣伝し劇場で公開し、それから円盤なり配信で二次利用するというプロセスが、もはや過去のものになりつつあり、映画そのものの定義も変化していることを如実に感じさせた。 従来型の映画のメインストリームがある一方で、一昔前なら「なんじゃこりゃ!」と言われて...... [続きを読む]

受信: 2019年1月13日 (日) 22時59分

» 2018年マイベスト44(おまけで第14回シネマ停留所映画賞) [或る日の出来事]
「ベスト10」だけでは、ものたりない! 全部に順位をつけましょう! という、毎年毎年毎年恒例のお遊び。 [続きを読む]

受信: 2019年1月14日 (月) 17時24分

« U.S.A.〜大阪桐蔭高等学校吹奏楽部 サンタコンサート2018 | トップページ | ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート今昔物語 »