« ブロードウェイ・ミュージカル「シティ・オブ・エンジェルズ」 | トップページ | 関西弦楽四重奏団/ベートーヴェン・チクルス 第3,4回 »

クワイエット・プレイス

評価:B+

Quiet

映画公式サイトはこちら

「音を立てたら、即死。」というキャッチコピーが秀逸。良く出来たB級ホラーである。

襲ってくるモンスターは聴覚が異様に発達しているが、目は全く見えない。このゲームのルールは、盲目の退役軍人の家に窃盗目的で忍び込んだ若者たちの恐怖体験を描く映画「ドント・ブリーズ(息をしないで!)」の構造を踏襲している。

Dont
↑ポスターも似てるでしょ?

あと車に閉じこもった姉と幼い弟をモンスターが襲い、屋外にいる大人が彼らをなんとか助けようと奔走するという展開はまんま「ジュラシック・パーク」である。

映画の9割以上はサイレント(無声)であり、また「大草原の小さな家」みたいなアメリカ開拓史ものを彷彿とさせる。つまり襲ってくるモンスターは、狼や熊、アメリカ原住民(虐げた彼らからいつか復讐されるんじゃないかという、植民者が抱く恐怖)のメタファーとも解釈出来るだろう。

TBSラジオ「アフター6ジャンクション」の映画時評コーナーで、パーソナリティーのRHYMESTER 宇多丸が「あの一軒家に灯る電気はどこから来ているんだ?」とツッコミを入れていたが、自家発電なんじゃないかな。アメリカにはそういう家庭が多いと聞く。「大草原の小さな家」をベースにした倉本聰「北の国から」でも、黒板五郎(田中邦衛)が自作した風力発電機を動かす場面があるしね。

|
|

« ブロードウェイ・ミュージカル「シティ・オブ・エンジェルズ」 | トップページ | 関西弦楽四重奏団/ベートーヴェン・チクルス 第3,4回 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/67270803

この記事へのトラックバック一覧です: クワイエット・プレイス:

» クワイエット・プレイス [象のロケット]
音に反応し人間を襲う“何か”によって荒廃した世界で、生き残った1組の家族がいた。 手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らす夫リーと妻エヴリン、そして子供たち。 その“何か”は呼吸の音さえ逃さず、誰かが一瞬でも音を立てると、即死となる。 しかし、エヴリンは出産を控えていた…。 サバイバル・ホラー。... [続きを読む]

受信: 2018年10月18日 (木) 03時05分

« ブロードウェイ・ミュージカル「シティ・オブ・エンジェルズ」 | トップページ | 関西弦楽四重奏団/ベートーヴェン・チクルス 第3,4回 »