« インクレディブル・ファミリー | トップページ | 【解説】「ペンギン・ハイウェイ」〜〈海〉と〈お姉さん〉に関する考察 »

ウインド・リバー

評価:A

Wind

ドゥニ・ヴィルヌーヴがメガホンをとった映画「ボーダーライン」と、アカデミー作品賞にノミネートされた「最後の追跡」(日本では直接Netflixから配信)の脚本家テイラー・シェリダンが脚本・監督を務めた。

公式サイトはこちら

ワイオミング州にある保留地で発生した殺人事件を追う新人女性FBI捜査官と、彼女に協力する現地の凄腕ハンター(野生生物局職人)を主人公としたクライム・サスペンス仕立ての映画である。しかし作品の狙いは謎解きにはなく、徐々にアメリカ先住民(Native American)に対してスポットライトが当てられていく。

ヨーロッパからアメリカ大陸に渡ってきたピューリタン(清教徒)を主とする植民者たちは先住民を虐殺し、肥沃な土地を奪い、全国土の3%にも満たない保留地へと彼らを強制移住させた。そのアメリカの暗部/恥部が本作を通して浮き彫りにされる。

ウインド・リバーは極寒の、想像を絶する不毛の土地である。そこへ押し込められた先住民たちの静かな、しかし絶望的な叫びを体感せよ。

|

« インクレディブル・ファミリー | トップページ | 【解説】「ペンギン・ハイウェイ」〜〈海〉と〈お姉さん〉に関する考察 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウインド・リバー:

» ウインド・リバー [象のロケット]
アメリカ中西部ワイオミング州のネイティブアメリカンの保留地ウインド・リバー。 その雪に閉ざされた山岳地帯で、ネイティブアメリカンの少女の死体が見つかった。 雪山の厳しい条件により捜査は難航。 新人の女性捜査官ジェーン・バナーは、地元のベテランハンターで遺体の第一発見者であるコリー・ランバートに協力を求める…。 クライム・サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2018年10月 1日 (月) 00時48分

« インクレディブル・ファミリー | トップページ | 【解説】「ペンギン・ハイウェイ」〜〈海〉と〈お姉さん〉に関する考察 »