« カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞「ザ・スクエア 思いやりの聖域」 | トップページ | モリーズ・ゲーム »

アカデミー助演女優賞受賞「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」

評価:A+

Itonya

トーニャ・ハーディングの母親を演じたアリソン・ジャニーが助演女優賞を受賞し、他に主演女優賞(マーゴット・ロビー)、編集賞にノミネートされた。公式サイトはこちら

むっちゃ面白かった!!痺れた。チャーリー・チャップリンの次の言葉を想い出した。

Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot.

(人生は間近で見ると悲劇だが、遠くから眺めれば喜劇である)

実話である。トーニャ当人にとっては本当に気の毒な話なのだが、彼女の周りが見事にクズばっかりなので、不謹慎ながら笑ってしまう。特に元謀報員を自称する彼女のボディガード・ショーンは最高だね!《映画史上最低で賞》を彼にあげたい。

フィギュアスケートのシーンの編集が切れ味鋭くお見事。また「信頼できない語り手」という趣向が味わい深い。

僕が本作を観ながらすごく近いなと感じたのが「フォックスキャッチャー」である。

五輪選手が主人公の実話という共通項だけではない。両者ともに見事なアメリカ論になっているのである。「フォックスキャッチャー」はマッチョ信仰、そして「アイ、トーニャ」は貧富の差、White Trash (Poor White)の有り様について。なんて惨めなんだろう。藻掻いても藻掻いてもそこから抜け出せない哀しみ。トーニャのお母さんって映画「8 Mile」(アカデミー歌曲賞受賞)に登場したエミネムのお母さん(キム・ベイシンガー)みたいだった。エミネムはデトロイトのトレーラーハウスで暮らしていたんだ。彼の場合はそこから脱出して成功を掴んだのだからトーニャと好対照だね。人生いろいろ。

|

« カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞「ザ・スクエア 思いやりの聖域」 | トップページ | モリーズ・ゲーム »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカデミー助演女優賞受賞「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」:

« カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞「ザ・スクエア 思いやりの聖域」 | トップページ | モリーズ・ゲーム »