« アカデミー作品賞ノミネート/ゲイ映画「君の名前で僕を呼んで」にラヴェルの音楽が流れる理由(わけ) | トップページ | 嘘つき野郎 ダニエル・デイ=ルイスの「ファントム・スレッド」とヒッチコック映画 »

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

評価:B+

Florida

映画公式サイトはこちら

ウィレム・デフォーがアカデミー助演男優賞にノミネートされた。監督は全編iPhoneで撮影した映画「タンジェリン」が話題となったショーン・ベイカー。今回は35mmフィルムで撮影されているが、魔法がかかるラストシーンのみiPhone仕様となる。

6歳の娘ムーニーを演じるブルックリン・キンバリー・プリンスの演技が驚異的。

明らかに育児放棄をテーマにした是枝裕和監督「誰も知らない」(カンヌ国際映画祭最優秀男優賞受賞)の構造をそっくりそのまま拝借している(監督も影響を受けたことを認めている)。ただ本作の勝因は舞台設定をフロリダのディズニーワールド近傍にある、貧困層が住み着くモーテルにしたこと。「マジック・キャッスル(魔法の城)」という命名が皮肉である。アメリカで彼らは“隠れホームレス”と呼ばれているそう。【富裕層が集まる夢の国(ディズニーワールド)↔貧困層(マジック・キャッスル)】【子供たちの無邪気で屈託のない明るさ↔母親の後ろ暗さ】といった二項対立が鮮烈である。This is America. 色彩感も良かった。

ウィレム・デフォーの役回りはさしずめ、冴えない守護天使だね。

|

« アカデミー作品賞ノミネート/ゲイ映画「君の名前で僕を呼んで」にラヴェルの音楽が流れる理由(わけ) | トップページ | 嘘つき野郎 ダニエル・デイ=ルイスの「ファントム・スレッド」とヒッチコック映画 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法:

« アカデミー作品賞ノミネート/ゲイ映画「君の名前で僕を呼んで」にラヴェルの音楽が流れる理由(わけ) | トップページ | 嘘つき野郎 ダニエル・デイ=ルイスの「ファントム・スレッド」とヒッチコック映画 »