« デュメイ/関西フィルのドヴォルザーク:弦楽セレナーデ | トップページ | アカデミー助演女優賞受賞「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」 »

カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞「ザ・スクエア 思いやりの聖域」

評価:A

Thesquare

スウェーデン映画である。カンヌ国際映画祭で最高賞のパルム・ドールを受賞し、アカデミー賞の外国語映画部門にもノミネートされた。公式サイトはこちら

当然ダイアログはスウェーデン語なのだが、序盤に主人公である現代美術館のチーフ・キュレーター(学芸員)にアメリカの女性記者が英語でインタビューをする場面が登場し、「なんだか見たことある人だなぁ」と数秒考えて気が付いた。

Huluから配信されている「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」でエミー賞並びにゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞したエリザベス・モスだった(作品賞もダブル受賞)。彼女は「侍女の物語」のプロデューサーも兼任している。これ、すこぶる面白いんだ。上のポスター、左端黒服の女性がエリザベス・モス。

可笑しかったのは本作と、次に観た「アイ、トーニャ」でスラングcuntが使われていたこと(意味の説明はこちら)。

リベラルであろうとしながらもエリート意識から逃れられない人々の滑稽さが赤裸々に暴き出される。

アートの世界でもSNSで一生懸命情報を発信したり、YouTubeの炎上を狙うなどの努力が涙ぐましい。あと北欧型福祉国家のスウェーデンに乞食がいるのに驚かされた。40年位前には日本にもいたけれど、最近は見かけなくなった(ホームレスとはちょっと違う)。難民対策に苦悩するヨーロッパの姿が浮き彫りにされた。

クスクス笑いながら観ていると、終盤主人公の幻想世界に入って行き、空恐ろしくもなる仕掛けが施されていた。

| |

« デュメイ/関西フィルのドヴォルザーク:弦楽セレナーデ | トップページ | アカデミー助演女優賞受賞「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞「ザ・スクエア 思いやりの聖域」:

« デュメイ/関西フィルのドヴォルザーク:弦楽セレナーデ | トップページ | アカデミー助演女優賞受賞「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」 »