« トロイ戦争は起こらない@兵庫芸文 | トップページ | ミュージカル「レディ・ベス」大阪公演初日! »

佐藤俊介(Vn.)×鈴木秀美(Vc.)×スーアン・チャイ(P)/ブラームスの夕べ @いずみホール

11月18日(土)いずみホールへ。

B2

佐藤俊介(ヴァイオリン)、鈴木秀美(チェロ)、スーアン・チャイ(フォルテピアノ)で、オール・ブラームス・プログラムを聴く。

  • ヴァイオリン・ソナタ 第2番
  • チェロ・ソナタ 第1番
  • ヨアヒム編曲:ハンガリー舞曲集より 第1、14、2番
    (ヴァイオリン&フォルテピアノ)
  • ピアノ三重奏曲 第3番

今回使用されたピアノは1868年に製造されたJ.B.シュトライヒャー。丁度、チェロ・ソナタ 第1番が作曲された頃だ。

また佐藤は一番太いG線以外に銀線を巻かない裸のガット弦を張り、鈴木も高弦の2本にピュア・ガットを使用。音程は現代のピッチ(444Hz)より少し低い、a≒438Hzが採用された。

ヴァイオリン・ソナタはガット弦の雑味が野性的で、洗練されたスチール弦とは一味違った。曲がより陰鬱で、内省的に響く。

チェロ・ソナタはあくまで渋く。

ロマ(ジプシー)の音楽に触発されたハンガリー舞曲集は異質なものがぶつかり合い、生成変化していくよう。

ピアノ・トリオは荒々しく大胆なヴァイオリンと、貴族的で気高いチェロが好対照をなし、その結晶作用としての「アンサンブルの妙」をじっくり味わった。

| |

« トロイ戦争は起こらない@兵庫芸文 | トップページ | ミュージカル「レディ・ベス」大阪公演初日! »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤俊介(Vn.)×鈴木秀美(Vc.)×スーアン・チャイ(P)/ブラームスの夕べ @いずみホール:

« トロイ戦争は起こらない@兵庫芸文 | トップページ | ミュージカル「レディ・ベス」大阪公演初日! »