« 藤岡幸夫✕松田華音:グリーグとシベリウスの世界〜関西フィル定期 | トップページ | アリーナ・イブラギモヴァ✕セドリック・ティベルギアン@兵庫芸文 »

アンサンブル・ウィーン=ベルリン@いずみホール

10月6日(金)いずみホールへ。アンサンブル・ウィーン=ベルリンを聴く。

Ejpg_large

  • フルート:カール=ハインツ・シュッツ(ウィーン・フィル)
  • オーボエ:ジョナサン・ケリー(ベルリン・フィル)
  • クラリネット:アンドレアス・オッテンザマー(ベルリン・フィル)
  • ファゴット:リヒャルト・ガラー(ウィーン交響楽団)
  • ホルン:シュテファン・ドール(ベルリン・フィル)

彼らの演奏を2015年に同ホールで聴いた感想はこちら

今回の曲目は、

  • ツェムリンスキー:ユモレスク
  • ヒンデミット:小室内音楽
  • リゲティ:6つのバガテル
  • ロータ:ささやかな音楽の捧げ物
  • ブリッチャルディ:「セビリアの理髪師」による幻想的なポプリ
  • レスピーギ:木管五重奏曲
  • ベリオ:オーパス・ナンバー・Zoo(作品番号獣番)
    *奏者によるナレーション付き
  • ドビュッシー:ゴリウォーグのケークウォーク(アンコール)

ツェムリンスキーは可愛らしい曲。

バルトークは土の匂い。

ヒンデミットは無機質で機械仕掛けのヒヤッとした質感。

リゲティの音楽は「2001年宇宙の旅」でも使用され、全般的に【これぞ現代音楽!】という雰囲気だが、「6つのバガテル」は意外にもハンガリーの民族色豊かだった。

映画「ゴッドファーザー」や「太陽がいっぱい」「道」で有名なニーノ・ロータの純音楽は戯けた道化。

レスピーギからはイタリアの明るい陽光と豊かな色彩が感じられた。

僕は普段、沢山の高校生による吹奏楽演奏を聴いているが、コンクール全国大会金賞校の演奏は「たしかに上手いんだけれど、音が硬い」という印象を拭えない。その点、アンサンブル・ウィーン=ベルリンのそれは柔らかく、まろやか。前者を楷書とすると、後者は草書。プロの味を堪能した。

|
|

« 藤岡幸夫✕松田華音:グリーグとシベリウスの世界〜関西フィル定期 | トップページ | アリーナ・イブラギモヴァ✕セドリック・ティベルギアン@兵庫芸文 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/65993517

この記事へのトラックバック一覧です: アンサンブル・ウィーン=ベルリン@いずみホール:

« 藤岡幸夫✕松田華音:グリーグとシベリウスの世界〜関西フィル定期 | トップページ | アリーナ・イブラギモヴァ✕セドリック・ティベルギアン@兵庫芸文 »