« 「エイリアン:コヴェナント」を観る前に知っておくべき幾つかの事項 | トップページ | 【増補改訂版】近・現代芸術を理解するための必読書 その2 »

円熟の極み。〜五嶋みどり@ザ・シンフォニーホール

9月22日(金)ザ・シンフォニーホールへ。

Midori

当ホールでは10年ぶりとなる五嶋みどりのリサイタルを聴いた。ピアノはリトアニア出身のイェヴァ・ヨコバヴィチューテ。

  • ヒンデミット:ヴァイオリン・ソナタ ハ調
  • ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第2番
  • シューベルト:ヴァイオリン・ソナチネ 第3番
  • エネスク:ヴァイオリン・ソナタ 第3番
         「ルーマニアの民族様式で」
  • ブラームス(ヨアヒム編):ハンガリー舞曲 第1番
         (アンコール)
  • クライスラー:シンコペーション(アンコール)

リトアニアはバルト海に面し、ルーマニアは黒海に接している。

ヒンデミットはドイツの作曲家。ソナタは1939年に作曲された。ヴィブラートを抑制した表現で、特に終楽章のフーガは無機質で虚無感が漂う。ニーチェの言葉「おまえが長く深淵を覗くなら、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ」(善悪の彼岸)を想い出した。ナチスが政権を握ったのが33年、翌34年に「ヒンデミット事件」が起こる。前衛的な彼の作品はナチスから「退廃音楽」の烙印を押され、弾圧された。そして38年にヒンデミットはスイスに亡命する。

ブラームスはノン・ヴィブラートで開始され、淡い色彩でクララ・シューマンへのあこがれを描く。禁欲的ではあるが、それでも溢れ出す感情がある。終楽章は渋く、滋味に富む演奏。

シューベルトは他愛のない楽曲だが軽やかでチャーミング。

ルーマニア生まれのエネスクはエキゾチックで妖しく艶っぽい。でも決して下品にならない。表情に抑制が効いている。ヴァイオリンがフラジオレット(ハーモニクス)を駆使し、パンフルート(竹笛)のような音色を奏でる第2楽章は繊細。第3楽章は舞踏音楽で呪術的で魔法にかけられたよう。また特にこの曲ではピアノが水を得た魚のように跳ね回り、極めて共感性が高い演奏だった。

エネスク同様ロマ(ジプシー)音楽の影響が色濃いアンコールのハンガリアン・ダンスは静謐で哀感が漂い、ひたひたと胸に迫る。この曲のイメージが一新された。

19世紀のブラームスとシューベルトを20世紀の作曲家でサンドイッチにするというプログラム構成といい、文句なし。パーフェクトな内容だった。次回は彼女の演奏でショスタコーヴィチのソナタを聴いてみたい。

| |

« 「エイリアン:コヴェナント」を観る前に知っておくべき幾つかの事項 | トップページ | 【増補改訂版】近・現代芸術を理解するための必読書 その2 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 円熟の極み。〜五嶋みどり@ザ・シンフォニーホール:

« 「エイリアン:コヴェナント」を観る前に知っておくべき幾つかの事項 | トップページ | 【増補改訂版】近・現代芸術を理解するための必読書 その2 »