« スパイダーマン:ホームカミング | トップページ | 【アフォリズムを創造する】その6「芸術について」 »

ベイビー・ドライバー

評価:B+

Babydriver

映画公式サイトはこちら

本作が傑作であることを認めるのは吝(やぶさ)かではない。特に序盤のリズミカルな編集は斬新で、例えばヒッチコック「サイコ」のシャワー・シーンとか、ブラジル映画「シティ・オブ・ゴッド」(フェルナンド・メイレレス監督)に匹敵する出来栄えである。その直後に今度は長回しに切り替わる演出も冴えている。あと冒頭、ピーという耳障りな雑音が聞こえてくるのも効果的だ(しっかり後の伏線になっている)。

iPodの音楽に乗せて展開されるカー・チェイスは正にセミ・ミュージカルであり、爽快だ。ただし、どうも僕はエドガー・ライト監督と波長が合わないらしく、映画後半は「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン! 」を観た時と同じ感想を抱いた。即ち、「悪趣味で下品なんだよ!!」やっつけてもやっつけても蘇る○○に対しては「お前はゾンビか、それともターミネーターかっ!?」とツッコミを入れた。

最高だったのは「シンデレラ」のリリー・ジェームズ。あまりの美しさに息を呑んだ。彼女の美貌はイングリッド・バーグマンとかヴィヴィアン・リーに匹敵する。イギリスの至宝、国宝級だ。

|
|

« スパイダーマン:ホームカミング | トップページ | 【アフォリズムを創造する】その6「芸術について」 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/65733960

この記事へのトラックバック一覧です: ベイビー・ドライバー:

« スパイダーマン:ホームカミング | トップページ | 【アフォリズムを創造する】その6「芸術について」 »