« 【アフォリズムを創造する】その2「EU及びグローバリズムという病」 | トップページ | 劇団四季×ディズニー・ミュージカル「ノートルダムの鐘」〜ヴィクトル・ユーゴーの深層に迫る! »

2017年8月21日 (月)

デスノート THE MUSICAL

8月20日(日)梅田芸術劇場へ。「デスノート THE MUSICAL」を観劇。

今回のキャストは、

  • 夜神 月:柿澤勇人
  • L:小池徹平
  • 弥 海砂:唯月ふうか
  • 月の妹:髙橋果鈴
  • レム:濱田めぐみ
  • リューク:石井一孝→(体調不良により代演)俵和也
  • 夜神総一郎:別所哲也 

2015年の公演は浦井健治主演で観た。その時もダブルキャストだったのだが、柿澤は東京公演のみの出演だったのだ。歌唱力では浦井に軍配が上がる。一方、イケメンの柿澤には色気があるので、甲乙付け難い。特に冒頭、高校生の制服を着た彼を観て劇団四季時代に圧倒的パフォーマンスを見せた「春のめざめ」のことを懐かしく想い出した。

前回、夜神 月の父親役は鹿賀丈史だったが、鹿賀の演歌調の歌い回しにはほとほと閉口していたので、別所の方が断然良かった。

石井の死神には期待していたので、降板はとても残念である。しかしUnder study(代役)の俵和也はよく健闘した。不満はない。悪魔的な押しの強さが些か足りない気がしたが、こと歌唱に関しては前回の吉田鋼太郎より上じゃないかな?

それにしても演出(栗山民也)を含めよく出来た作品である。和製ミュージカルとしては最高峰だろう。本場ブロードウェイでも勝負できるのではないかと僕は想う。

|
|

« 【アフォリズムを創造する】その2「EU及びグローバリズムという病」 | トップページ | 劇団四季×ディズニー・ミュージカル「ノートルダムの鐘」〜ヴィクトル・ユーゴーの深層に迫る! »

舞台・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/65690971

この記事へのトラックバック一覧です: デスノート THE MUSICAL:

« 【アフォリズムを創造する】その2「EU及びグローバリズムという病」 | トップページ | 劇団四季×ディズニー・ミュージカル「ノートルダムの鐘」〜ヴィクトル・ユーゴーの深層に迫る! »