« 【アフォリズムを創造する】その1「資本主義 vs. 共産主義」 | トップページ | 当ブログはアニメーション映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を全身全霊で応援します! »

2017年8月17日 (木)

萩原麻未のラヴェル:ピアノ協奏曲

8月13日(日)兵庫県立芸術文化センターへ。

Img_1225

萩原麻未(ピアノ)、パスカル・ロフェ/兵庫芸術文化センター管弦楽団で、

  • ラヴェル:組曲「クープランの墓」
  • ラヴェル:ピアノ協奏曲
  • ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」

「クープランの墓」は流れるような演奏で、軽妙洒脱。繊細で柔らかい響きが魅力的だった。

萩原は2010年にジュネーヴ国際コンクール(ピアノ部門)で日本人として初めて優勝。そのファイナルで弾いたのがラヴェルのピアノ協奏曲であり、指揮もパスカル・ロフェだった。ピアノには靄がかかったような幻想性があり、「これが聴きたかったんだ!」と大満足。

ソリストのアンコールは彼女が日仏を飛ぶエア・フランスに乗っていた時に聴いたという、Relaxation Musicを即興演奏で。弱音の美しさが際立っていた。

「展覧会の絵」は1990年4月17日(火)に倉敷市民会館で聴いた、ゲオルグ・ショルティ/シカゴ交響楽団(他にベートーヴェン:交響曲第5番)の演奏があまりにも鮮烈で、その後何度もこの曲を生で聴いたが、どれももの足りない。今回もどうしても27年前の衝撃と比べてしまい、全く愉しめなかった。最高のものを知っていることはある意味不幸である。

|
|

« 【アフォリズムを創造する】その1「資本主義 vs. 共産主義」 | トップページ | 当ブログはアニメーション映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を全身全霊で応援します! »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/65671632

この記事へのトラックバック一覧です: 萩原麻未のラヴェル:ピアノ協奏曲:

« 【アフォリズムを創造する】その1「資本主義 vs. 共産主義」 | トップページ | 当ブログはアニメーション映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を全身全霊で応援します! »