« 柳家喬太郎独演会@兵庫芸文 | トップページ | ハーゲン弦楽四重奏団@いずみホール »

ハクソー・リッジ

評価:A

Hacksaw_ridge

アカデミー賞で録音賞と編集賞を受賞。また他に作品賞・監督賞・主演男優賞・音響編集賞と計6部門にノミネートされた。公式サイトはこちら

僕は今まで100本を上回る戦争映画を観てきた。第2次世界大戦に限っても優に50本を超えるだろう。しかし衛生兵(medic)を主人公にした作品は初めてだなぁ。

実話である。主人公は「良心的兵役拒否者(Conscientious objector)」。またセブンスデー・アドベンチスト教会(キリスト教系の新宗教)の敬虔な信者でもある。

日本の配給会社が沖縄戦が背景になっていることを隠蔽しているとSNSで批判が噴出している。でも、しょうがないんじゃない?誰もわざわざ日本人が悪者になる映画を観たくはないでしょう。それは立場が違えば同じことで、例えば日本映画には新藤兼人監督「原爆の子」、今村昌平監督「黒い雨」など原爆をテーマにした有名な映画が沢山あるが、アメリカ人に殆ど観られていないし、あちらで高い評価もされていない。だって自分たちが加害者の映画なんて嫌でしょう。だから昨年日本で最大級の賛辞を浴びた「この世界の片隅に」が今年北米で公開されるが、観る人は少ないだろうし、アカデミー賞ノミネートとかを期待しないほうが賢明である。閑話休題。

「ブレイブハート」(アカデミー作品賞・監督賞など受賞)の頃からそうなのだけど、メル・ギブソンの演出の特徴は過剰であること。例えばストップ・モーションの多用。本作でも「もうええわ!お腹いっぱい」と言いたくなった。何もかもがtoo muchなのだ。しかしその【こってり】した【しつこさ】が持ち味となり、ド迫力の映像を生み出していることもまた事実である。映画冒頭、画面のあちこちで火の玉人間たちが所狭しと駆け回っているのには度肝を抜かれた!火炎放射器といえばナチス・ドイツの専売特許だと思っていたが(中学生の時にテレビで観たロベール・アンリコ監督「追想」は激烈だった。僕のトラウマ映画である)、アメリカ兵もサイパン・硫黄島・沖縄で使用していたんだね。何とも恐ろしい。地獄だ。

|
|

« 柳家喬太郎独演会@兵庫芸文 | トップページ | ハーゲン弦楽四重奏団@いずみホール »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/65471131

この記事へのトラックバック一覧です: ハクソー・リッジ:

» 『ハクソー・リッジ』のウソとマコト [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  デズモンド・ドス上等兵が、日本軍との戦争のさなかに日本兵を助けたのは本当なのだろうか?  戦争映画は幾つも観たが、戦闘シーンで涙が止まらない映画ははじめてだった。  『ハクソー・リッジ』は、米国バージニア州の職人デズモンド・ドスが、モーセの十戒の一つ「汝、殺すなかれ」を胸に刻みながら戦争に臨む話だ。  1919年に生まれ、2006年に87歳で没したド...... [続きを読む]

受信: 2017年7月 5日 (水) 01時04分

« 柳家喬太郎独演会@兵庫芸文 | トップページ | ハーゲン弦楽四重奏団@いずみホール »