« 石丸幹二&堀内敬子(久々の)共演、そして衝撃的傑作!〜ミュージカル「パレード」 | トップページ | 映画「帝一の國」と鈴木清順「けんかえれじい」 »

2017年6月14日 (水)

アドルフ・ヒトラー「わが闘争」

昨年、NHK-BSでドイツが製作したドキュメンタリー番組「ヒトラー『わが闘争』~封印を解かれた禁断の書~」を観た。驚いたのはヒトラーの死後70年間、その著書「我が闘争」の著作権をバイエルン市が所有し、ドイツ国内での出版を一切禁止していたということ。2015年12月31日に著作権が切れ、歴史研究者による3,000以上の注釈付きで翌年1月に漸くドイツで出版された。2017年1月4日までに8万5千部が発行されたという。日本では1973年から角川文庫で上下巻が発売されている。

Meinkampf

「わが闘争」は1925年に第1巻が、26年に第2巻が出版された。第1巻は23年のミュンヘン一揆に失敗し、獄中で執筆されたものである。ヒトラーが口述し、ナチ党の初期メンバーだったエミール・モーリスと親衛隊の指導者ルドルフ・ヘスが筆記・編纂した。

ナチ党が普通選挙で第1党になるのが32年、ヒトラーが首相に就任するのは33年1月30日である。ヒンデンブルク大統領の死去に伴い大統領と首相の職務を合体、「総統」の地位を得るのが34年8月、民族投票により89.93%という支持率を得て承認された

「わが闘争」は言うまでもなく悪魔の書である。それも天才的な。上下巻合わせて文庫本で優に1,000ページを超える。翻訳本のせいもあるだろうが、非常に読み辛い。ヒトラーは学のない男であり、口述筆記ということもあって繰り返しが多い。クドい。同じ内容を整理すれば恐らくこの4分の1の分量で間に合うだろう。

ヒトラーは劣等生だった。中学校は学力不足でギムナジウム(ヨーロッパの中等教育機関)に進学出来ず、実技学校に通い、2度の留年を経て退学処分となった。18歳となり画家を夢見てウィーンに出てきたが、ウィーン美術アカデミーを受験するも不合格に終わる。つまり彼が正式に教育を終えたのは小学校だけだった

「わが闘争」を読んでいると胸クソが悪くなる。それでも我慢して読み続けた。何故ならこれは現代人の必読書だからである。ヒトラーの詭弁、論理の破綻・矛盾を見抜き、論破しなければならない。戦いに勝つにはまず敵(の戦術)を知ることが重要だ。兵法の大原則である。結局、読み終わるまでに2−3ヶ月を要した。

通読すると、これはヒトラーの綿密な計画書であったことが判る。その後に彼が実行したことが、全てここに書いてある。ある意味非常に正直だ。

だからドイツ国民が「私たちは何も知らなかった。私たちはヒトラーにまんまと騙された」と言う資格はない。正当な選挙でナチスを第一党に選んだのは彼らだし、ヒトラーが総統に就任してからは新婚家庭に一冊ずつ政府から「わが闘争」が贈呈されていたのだから。

ただし僕が想像するに、恐らくドイツ国民の殆どは「わが闘争」を読んでいなかったのではないだろうか?兎に角、膨大な分量だし、例えば自分自身を振り返ってみて欲しい。貴方は野田佳彦・前首相や安倍晋三・現首相の著書を読んだことがありますか?ないでしょう。そんなものです。

日本の左翼ジャーナリズム/知識人は何かというと彼らの「敵」をヒトラーに喩えたがる。その恰好の標的になっているのが安倍総理であり、橋下徹・前大阪市長である。

内田樹,(神戸女学院大学名誉教授) 山口二郎(法政大学法学部教授), 香山リカ(精神科医), 薬師院仁志(帝塚山学院大学教授)は共著で「橋下主義(ハシズム)を許すな!」という本を出版している。ハシズムは勿論、ファシズムに引っ掛けた造語(言葉遊び)である。本の表紙には「独裁者」という言葉も踊っている。

Hashi_2

鳥越俊太郎が安倍総理をヒトラーに喩えた記事は→こちら

また朝日新聞社の冨永格・特別編集委員が安倍総理の支持者をナチスと同一視する投稿をツィートしていたという記事は→こちら

では果たして安倍総理や橋下徹氏の政治手法は本当にヒトラー(ファシズム)に近いのだろうか?具体的に見てみよう。

角川文庫「わが闘争」の訳注は説明不足であり、ナチズムが生まれた歴史的背景が判り辛い。だから高田博行(著)「ヒトラー演説 -熱狂の真実-」(中央新書)を併せてお読みになることをお勧めしたい。特に「序章 遅れた統一国家」は「わが闘争」の予習に最適だ。高田の「ヒトラー演説 -熱狂の真実-」はヒトラーの政界登場からドイツ敗戦まで25年間、150万語に及ぶ演説データーをコンピューターで解析。【ナチ運動期前半/後半、ナチ政権期前半/後半】の4期に分け、それぞれでどういう単語が最も使われたか(有意差検定)、またヒトラーの演説の冒頭やクライマックスで声の高さ(ヘルツ)がどう変化しているかなどを詳細に検証。ヒトラーが演説における発声法やジェスチャーについてオペラ歌手から指導を受けたこと、当時発明されたばかりのマイクとラウドスピーカー(拡声装置)導入が絶大な効果をもたらしたことなどが書かれており、大変勉強になる。

以下「わが闘争」の要旨を書き抜いていこう。

【ユダヤ人陰謀説】カール・マルクスはユダヤ人である。マルクシズムというユダヤ的説教は人間の価値を否定し、文化を破壊し、すべての秩序を終局に導く。だから私はユダヤ人を防ぎ、神の御業のために戦う。新聞社もユダヤ人が牛耳っている。彼らが言うことを信じるな。

スターリンは徹底した反ユダヤ政策を実践したし、中国の毛沢東やキューバのカストロ、チェ・ゲバラもユダヤ人ではない。だから共産主義がユダヤ人の陰謀だなんて馬鹿げている。

【ユダヤ人の否定】ユダヤ人は嘘つきで、不潔で、日光を恐れる潜行者である。わが(ゲルマン)民族の不倶戴天の敵だ。下がれ、卑劣漢!足を引っ込めろ、階段が汚れる!

【人種の純潔を守れ】アーリア人の優秀性を存続発展させるためには下等な人種(とりわけユダヤ人)と結婚してはならない。混血によりその中間の、劣った子孫が生まれると最早取り返しがつかない。

【議会制民主主義の否定】ヒトラーは500人程度の議員による議会での議論は不毛と位置づけ、大勢の民衆を前にした情熱が迸る演説のみに価値があり、それこそが民族の心を動かし時代を転換させる力があるのだと説く。運動の重点は議会ではなく、作業場や街頭におかなくてはならない。民主主義は殆どの場合、ユダヤ人の要求に一致した(ここでもユダヤ人陰謀説登場)。

【多数決の否定】多数決で政治の命運を左右するのは無責任体制である。それは人格を排除し、その代わりに愚鈍、無能、臆病さで構成されている。偉大な指導者・一人の天才が命を賭して政治に身を捧げるのが本来あるべき姿である。決定はただ一人の人間が下すのである。

この考え方にはニーチェの思想(著書「ツァラトゥストラはかく語りき」の中で論じられた超人)の影響が窺われる。そして超人=ヒトラーだと言いたいわけだ。独裁者の肯定である。

【国家社会主義 vs. 国際主義】ナチスの掲げる「国家社会主義」とはゲルマン民族が一丸となって国を興そうという考え方であり、自国(ゲルマン民族)ファースト。それに対して「国際主義」とはヒトラーに言わせればユダヤ人=共産主義者の陰謀であり、国家を解体していこうとする運動を意味する。

つまり現在で言えばEU(欧州連合)やグローバリゼーション(世界化/地球規模化)も「国際主義」ということになるだろう。

【インテリゲンチャへの劣等感と憎悪/語られることばの威力】知識人・文筆家に歴史を動かす力はない。人を味方につけるには書かれたことばよりも語られたことばのほうが役に立つ。この世界における偉大な革命は演説によってのみ達成された。労働者(下層)階級の心をつかむ努力を怠ってはならない。大衆が持っている途方もない力を見くびってはならない。

【多民族国家オーストリアへの嫌悪】ユダヤ人は人類にとって永遠のバクテリアである。オーストリアでスラヴ人が幅を利かせているのも虫が好かない。この国家は、真に偉大なドイツ人全てを圧迫し、妨害する。あらゆる点でドイツ民族の不幸でしかあり得ない。

因みにヒトラーはオーストリア生まれのドイツ人である。ドイツ国籍を取得するのは1932年。首相に就任するたった1年前だった。そして38年にナチス・ドイツはオーストリアを併合する。

【アーリア人種(ゲルマン民族)至上主義】人類は①文化創造者文化支持者文化破壊者の三種類に分けられる。①文化創造者はアーリア人種のみ。日本人はせいぜい②文化支持者であり得ても、創造の能力は持ち合わせない。③文化破壊者としてもっとも憎むべき民族こそユダヤ人である。

この詭弁に反駁するのはいとも容易い。ギリシャの神殿や文化を生み出したのはアーリア人ではない。エジプト文明、メソポタミア文明、アンデス文明だって違う。万里の長城や紫禁城を建設したのもアーリア人じゃない。無茶苦茶である。

英教育誌が集計した、2000年以降の科学・経済分野のノーベル賞受賞者に関する国別ランキングでは、1位が米国(30%)、2位が英国(6.0%)、日本が3位(4.3%)に格付けされた。4位がドイツ(3.4%)、5位がイスラエル(2.5%)である(韓国は0.0%)。決してゲルマン民族が突出しているわけではない。米国の受賞者中ユダヤ人は36%を占め、ノーベル賞全体では22%である。アルベルト・アインシュタインもその一人。ユダヤ人が如何に優秀で、ヒトラーの思想が偏見にすぎないかがよくお分かりいただけるだろう。

しかしこれだけ理不尽な人種差別政策(大量虐殺=ホロコースト)が実行されてしまうと、多少の無理をしてでも戦後にイスラエル(ユダヤ人国家)を建国するしか道はなかったのかな、むべなるかなという気がしてくる。

【侵略戦争の肯定】ヒトラーが「国土開発」について語っている章は、人口増加に対して①生殖・出生数を制限する②新しい土地を求めるという2つの方法があるが、①は望ましくない。何故ならたくさん生まれた子供が自然淘汰され、強い種だけが生き残る。それこそがゲルマン民族の進化に役に立つ、と論理を展開している。この弱肉強食の世界において優れた(=ゲルマン民族)が多くの土地を得るのは当然の権利である。より強い種族が弱者を駆逐するだろう。強者にその場を譲るために、弱者を滅ぼすのが自然の理(ことわり)である。個々人の博愛精神/人道主義という笑うべき拘束はどんどん破壊されてゆくのみ。人々がヨーロッパで土地と領土を欲するなら、そのさいは大体においてロシアの犠牲でのみ行われるべきだ(対ソ戦の肯定)。

この理屈はダーウィンの提唱する進化論、適者生存の考え方に基づいている。しかし明白な詭弁である。ヒトラーが言う弱肉強食とは、例えばライオン(肉食動物)が牛(草食動物)を食べることを言う。しかし強いライオンが弱いライオンを食べることはない。虎猫(トラネコ)と三毛猫が生存競争で殺し合ったりはしない。だからヒトラー主張する、【優れた民族(アーリア人)が劣った民族(ユダヤ人)を滅ぼしてもいい】という理屈は成立しない。何故なら両者は同じ(ホモ・サピエンス)だから。これが自然の理(ことわり)である。

【同盟を結べ】領土拡大を狙うなら、利害が一致する国と同盟を結ぶことが重要だ。フランスはアルザス=ロレーヌ地方(ドイツ語ではエルザス=ロートリンゲン)を奪った不倶戴天の敵だから、同盟はあり得ない。可能性があるのはイギリスかイタリアだ。

この主張は後の日独伊三国軍事同盟に繋がる。またナチス・ドイツは1940年にフランスを破ってパリを占領し、再度アルザス=ロレーヌを自国に編入した。

【宣伝の重要性】宣伝は学識のあるインテリに対してではなく、教養の低い大衆にのみ向けるべきである。その内容の知的水準は最低級の者が理解できる程度に調整すべきだ。大衆は感情的に考え方や行動を決める。客観性など不要。彼らの感情の幼稚さを熟知する必要がある。宣伝は絶対に主観的で、一方的な態度を貫かなければならない。鈍感な人々(=大衆)に確信させるためには最も簡単な観念を何千回も繰り返すことだけが、結局彼らに覚えさせることが出来るのだ。宣伝は短く制限し、内容を決して変えてはならず、いつも同じことを言わなければならない。

この内容は後の全国宣伝指導者ゲッペルスの登場に繋がる。

【演説の時刻】私が朝の10時に演説した時は惨憺たる結果に終わった。聴衆は熱くならず、氷のように冷たかった。一方、夜だと集まった大衆の心の中に入っていき易く、人間の意志はより強い意志(=ヒトラー)に支配され易くなる。

【群集心理/大衆暗示を活用せよ】大衆集会では、一人であるという不安に陥りやすい個々人が、大きな共同体という情景を目の当たりにして、大抵の人は勇気づけられる。他の3千人、4千人という人々が強く感化され、暗示的な陶酔と熱狂のなかに浸っている様子に魅了される時、その人はわれわれが大衆暗示と呼ぶ魔術的な影響の支配下に置かれる。こうして彼は共同体の一員となるのである。

演説の達人ヒトラーの面目躍如である。彼が語る、大衆の心を掴む極意は現代でも通用するだろう。

さて最後に質問しよう。貴方は、安倍首相と橋下徹氏に、どこかヒトラーに似たところが少しでもあると思いますか?彼らはある特定の民族を差別しただろうか?共産党を非合法化して国会・地方議会から追い出したりした?あるいは多数決による議会制民主主義を否定したか?焚書・言論統制は?答えは明白であろう。むしろそういう決めつけをする輩こそ、ヒトラーにそっくりだと僕は思う。

|
|

« 石丸幹二&堀内敬子(久々の)共演、そして衝撃的傑作!〜ミュージカル「パレード」 | トップページ | 映画「帝一の國」と鈴木清順「けんかえれじい」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

読書の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/64786839

この記事へのトラックバック一覧です: アドルフ・ヒトラー「わが闘争」:

« 石丸幹二&堀内敬子(久々の)共演、そして衝撃的傑作!〜ミュージカル「パレード」 | トップページ | 映画「帝一の國」と鈴木清順「けんかえれじい」 »