« 【いつか見た大林映画】第4回 ロケ地巡りと【尾道三部作】外伝 | トップページ | 柳家喬太郎独演会@兵庫芸文 »

2017年6月29日 (木)

怪物はささやく

評価:B+

Amonstercallsposter

イギリスの2つの文学賞(カーネギー賞/ケイト・グリーナウェイ賞)を受賞した小説の映画化。監督はスペイン・バルセロナ出身のフアン・アントニオ・バヨナ。2016年、スペインのゴヤ賞において作品賞・監督賞を含む最多9部門で受賞した。映画公式サイトはこちら

バヨナ監督はスマトラ島沖地震に基づく前作「インポッシブル」もそうだが、カタストロフィを描くことに強い関心があるようだ、そしてその描写が上手い。次回作「ジュラシック・ワールド II」も楽しみだ。演出の緩さを感じさせる場面も若干ないではないが、総体として良い。

これは物語る力、物語の効用についての映画である。フィクションは辛い現実を変えることが出来ない。しかし、それに直面する私たちの心を慰め、癒す力があるかも知れない。そう、怪物はささやくのだ。

新薬の抗がん剤を色々試しながら格闘する主人公の母親(フェリシティ・ジョーンズ)に、先日亡くなった小林麻央の姿が重なった。

|
|

« 【いつか見た大林映画】第4回 ロケ地巡りと【尾道三部作】外伝 | トップページ | 柳家喬太郎独演会@兵庫芸文 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/65471010

この記事へのトラックバック一覧です: 怪物はささやく:

« 【いつか見た大林映画】第4回 ロケ地巡りと【尾道三部作】外伝 | トップページ | 柳家喬太郎独演会@兵庫芸文 »