« ワーグナー〈ニーベルングの指環〉序夜「ラインの黄金」@びわ湖ホール | トップページ | 周防亮介、クァルテット・ベルリン・トウキョウ@ザ・フェニックスホール »

2017年3月 9日 (木)

井上道義/大フィル〜ショスタコーヴィチ、革命の夜

2月17日(金)フェスティバルホールへ。

井上道義/大阪フィルハーモニー交響楽団で、

  • ショスタコーヴィチ:交響曲 第11番「1905年」
  • ショスタコーヴィチ:交響曲 第12番「1917年」

「血の日曜日」事件から第一次ロシア革命に至る時代を扱った「1905年」と、第一次世界大戦から十月革命に至る「1917年」の組み合わせ。

熱くて濃い演奏が展開された。「1917年」は雄弁でheavy、何かに取り憑かれたようで、時として暴力的にすらなった。

現在日本でショスタコを振らせたら、ミッキーの右に出るものはいないだろう。大フィルの楽員たちもよく奮闘した。奏者も疲れたろうし、聴く方も疲労困憊した。しかし余韻は心地良かった。

「1917年」の第1楽章、弦楽器のピチカートに初登場し、第4楽章では頻出するE(ミ♭)-B(シ♭)-C(ド)音形をスターリンの名前の頭文字とみなす解釈がある。これはそもそも音楽学者・一柳富美子が言い出したことらしく、ミッキーも支持している(NHK Eテレのインタビューで触れていた)。しかし僕はこの考えに与しない。だって交響曲第10番でショスタコはスターリンを描写しているが、自分のイニシャルであるD-S(Es)-C-H音形(レ・ミ♭・ド・シ)は出てきても、E-B-Cは登場しないからである。

|
|

« ワーグナー〈ニーベルングの指環〉序夜「ラインの黄金」@びわ湖ホール | トップページ | 周防亮介、クァルテット・ベルリン・トウキョウ@ザ・フェニックスホール »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/64987492

この記事へのトラックバック一覧です: 井上道義/大フィル〜ショスタコーヴィチ、革命の夜:

« ワーグナー〈ニーベルングの指環〉序夜「ラインの黄金」@びわ湖ホール | トップページ | 周防亮介、クァルテット・ベルリン・トウキョウ@ザ・フェニックスホール »