« 100パーセントのミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」@IMAX!! | トップページ | 前代未聞の大失態!波乱のアカデミー賞授賞式 2017 »

今年もいっぱい当てます、2017年アカデミー賞大予想!

では第89回アカデミー賞の受賞予想である。相当自信がある(鉄板)部門には◎を付けた。

  • 作品賞:ラ・ラ・ランド◎
  • 監督賞:デイミアン・チャゼル「ラ・ラ・ランド」◎
  • 主演女優賞:エマ・ストーン「ラ・ラ・ランド」◎
  • 主演男優賞:ディンゼル・ワシントン "Fences"
  • 助演女優賞:ビオラ・デイビス "Fences"◎
  • 助演男優賞:マハーシャラ・アリ「ムーンライト」 ◎
  • 脚本賞(オリジナル):マンチェスター・バイ・ザ・シー 
  • 脚色賞(原作あり):ムーンライト◎  
  • 視覚効果賞:ジャングル・ブック
  • 美術賞:ラ・ラ・ランド◎
  • 衣装デザイン賞:ラ・ラ・ランド◎
  • 撮影賞:ラ・ラ・ランド 
  • 長編ドキュメンタリー賞:O.J.: Made in America ◎
  • 短編ドキュメンタリー:最後の祈り(NETFLIX)
  • 編集賞:ラ・ラ・ランド◎
  • 外国語映画賞:ありがとう、トニ・エルドマン(ドイツ)
  • 音響編集賞(Sound Editing):Hacksaw  Ridge
  • 録音賞(Sound Mixing):ラ・ラ・ランド◎
  • メイクアップ賞: スター・トレック BEYOND
  • 作曲賞:ジャスティン・ハーウィッツ「ラ・ラ・ランド」◎
  • 歌曲賞:City of Stars 「ラ・ラ・ランド」◎
  • 長編アニメーション賞:ズートピア◎
  • 短編アニメーション賞:ひな鳥の冒険
    (ピクサー・アニメーション・スタジオ)
  • 短編実写映画賞:Ennemis Interieurs

「ラ・ラ・ランド」は10−12部門受賞すると予想されるので(運が良ければ音響編集賞も)、受賞数で史上最多タイ記録になる可能性がある(これまでに「ベン・ハー」1959、「タイタニック」1997、「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」2003が11部門で並んでいる)。

デイミアン・チャゼルは現在32歳、史上最年少での監督賞受賞となる。タイ記録は1931年に「スキピイ」で受賞したノーマン・タウログ。実に85年ぶりの快挙である。実はチャゼル監督、タウログがメガフォンを取った「踊るニュウ・ヨーク」でフレッド・アステアとエレノア・パウエルが踊る場面に対しに「ラ・ラ・ランド」の中でオマージュを捧げている。

今年最大の目玉は演技部門で過半数を黒人(アフリカ系アメリカ人)が占めること。これは前代未聞だ。時代は少しづつ変化を遂げている。もし番狂わせがあるとしたら、主演男優賞でケイシー・アフレック(ベンアフの弟)の可能性も。

長編アニメーション部門はほぼディズニーの「ズートピア」で決まりだが、サプライズとして"Kubo and the Two Strings"も捨て切れない。ところでこれ、未だ日本公開決まらないの〜!?

アカデミー作品賞でミュージカル映画が受賞するのは「シカゴ」(2002)以来、14年ぶりである。しかし「シカゴ」は元々ブロードウェイ・ミュージカルであり、「ラ・ラ・ランド」は全てオリジナル楽曲だ。真っ新のオリジナル・シナリオから創作されたオリジナル・ミュージカルが受賞するのは1958年のMGM映画「恋の手ほどき」(Gigi)以来、なんと58年ぶり。これに快哉を叫ばずにいられようか!

|
|

« 100パーセントのミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」@IMAX!! | トップページ | 前代未聞の大失態!波乱のアカデミー賞授賞式 2017 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/64875404

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もいっぱい当てます、2017年アカデミー賞大予想!:

« 100パーセントのミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」@IMAX!! | トップページ | 前代未聞の大失態!波乱のアカデミー賞授賞式 2017 »