« 夢と狂気のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」 | トップページ | 「君の名は。」IMAX(次世代レーザー)体験記 »

2017年1月13日 (金)

クレメンス・ハーゲン&河村尚子/デュオ

1月8日(日)兵庫県立芸術文化センター小ホールへ。

Img_0962

ハーゲン・クァルテットのメンバーであるクレメンス・ハーゲン(チェロ)と河村尚子(ピアノ)のデュオ・リサイタルを聴く。因みに河村は兵庫県西宮市生まれ。地元でのコンサートだ。

  • シューマン:5つの民族風の小品集
  • ベートーヴェン:チェロ・ソナタ 第2番
  • ラフマニノフ:チェロ・ソナタ
  • フランク:チェロ・ソナタ 第1楽章(アンコール)

ベートーヴェンとラフマニノフのソナタはどちらもト短調で調性が同じ。

ハーゲンのチェロは伸びやかに歌い、雄弁であると同時にキレがある。

ベートーヴェンでふたりは生を謳歌する。第1楽章の序奏は厳格な雰囲気で開始されるが、主部に入るやいなや感情が迸る。ピアノは力強く弾け、だが軽過ぎない。いい塩梅だ。

ラフマニノフのソナタは霧が立ち込めて視界が効かない、あるいは粉雪が舞う情景を連想させる。何とも幻想的な雰囲気だ。僕はトルストイの小説「アンナ・カレーニナ」(1877年出版)のことを想い出した(駅での轢死場面)。

因みにラフマニノフは交響曲第1番の初演が惨憺たる失敗で大ブーイングを浴び、神経衰弱に陥る。そこで友人の仲介もあり、1899年に敬愛するトルストイの自宅を訪ね自作の歌曲「運命」を披露した(しかしここでも「誰がこんな曲を聴きたいと思うかね?」と老作家の不興を買い、5日間寝込むことになる)。

|
|

« 夢と狂気のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」 | トップページ | 「君の名は。」IMAX(次世代レーザー)体験記 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/64782319

この記事へのトラックバック一覧です: クレメンス・ハーゲン&河村尚子/デュオ:

« 夢と狂気のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」 | トップページ | 「君の名は。」IMAX(次世代レーザー)体験記 »