« 石丸幹二、安蘭けい in 「スカーレット・ピンパーネル」 | トップページ | クラシック音楽の奥座敷〜初心者には歯が立たない名曲たち »

2016年11月 4日 (金)

内田光子 with マーラー・チェンバー・オーケストラ

11月2日(水)ザ・シンフォニーホールへ。

内田光子(ピアノと指揮)、マーラー・チェンバー・オーケストラで、

  • モーツァルト:ピアノ協奏曲 第19番 ヘ長調
  • 武満徹:弦楽のためのレクイエム(指揮者なし)
  • モーツァルト:ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調
  • スカルラッティ:ソナタ ニ短調 K.9 (アンコール)

弦楽器の編成は1stVn-2ndVn-Va-Vc-Cbが8-7-5-4-2人。古典的対向配置でクラシカル・ティンパニと、(ピストン/バルブがない)ナチュラル・トランペットを使用。ノン・ヴィブラートではないが、古楽奏法を相当意識したアプローチだった。

内田の弾く長調のモーツァルトは暖かく、柔らかく、音に厚みがある。フットワークが軽く、しっとりした潤いがある。でも軽過ぎず、重くもならず、機動力がある。達観した自在な境地が感じられた。

少人数による武満は透き通った空気感があり、清々しい。

短調のモーツアルトは地を這うような響きで開始された。第1楽章は逃れ得ぬ宿命の音楽。引きずり込まれるような魔女的太母(グレート・マザー)がそこにいた。打って変わって長調に転じる第2楽章は絹の柔らかさ。聖母マリアがおわします天国の世界。僕はこれを聴くと否応なく映画「アマデウス」のラストシーン、サリエリが精神病院の患者たちに呼びかける言葉を想い出す。

Mediocrities everywhere...  I absolve you all.
凡庸なる者たちよ、汝ら総ての罪を赦そう。

そして第3楽章のロンド。激情に走る最強音から繊細に囁く最弱音までニュアンス豊か。正にパーフェクトな演奏だった。

|
|

« 石丸幹二、安蘭けい in 「スカーレット・ピンパーネル」 | トップページ | クラシック音楽の奥座敷〜初心者には歯が立たない名曲たち »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/64442540

この記事へのトラックバック一覧です: 内田光子 with マーラー・チェンバー・オーケストラ:

« 石丸幹二、安蘭けい in 「スカーレット・ピンパーネル」 | トップページ | クラシック音楽の奥座敷〜初心者には歯が立たない名曲たち »