« クラシック音楽の奥座敷〜初心者には歯が立たない名曲たち | トップページ | トランプ大統領誕生と「君の名は。」大ヒットが意味するもの »

神尾真由子 ヴァイオリン・リサイタル

11月3日(木)兵庫県立芸術文化センターへ。

神尾真由子(ヴァイオリン)、ミロスラフ・クルティシェフ(ピアノ)で、

  • ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第1番
  • ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第3番
    (休憩)
  • ショスタコーヴィチ:24の前奏曲より
    No.10,15,16,24
  • チャイコフスキー:歌劇「エフゲニー・オネーギン」より
    レンスキーのアリア「青春は遠く過ぎ去り」
  • チャイコフスキー:「なつかしい土地の思い出」より第3曲
  • プロコフィエフ:歌劇「3つのオレンジへの恋」より行進曲
  • ショスタコーヴィチ:映画「馬あぶ」よりロマンス
  • ハチャトゥリアン:剣の舞
  • ラフマニノフ:ヴォカリーズ
  • バッジーニ:妖精の踊り

Img_0800

神尾とクルティシェフはチャイコフスキー国際コンクールで出会い、現在夫婦である。

プログラム前半はソナタ2曲、後半は小曲集というユニークな構成。

ベートーヴェンでピアノはサラッと流れる。神尾は感情のはけ口を見出だせず、持て余している印象。なんだか窮屈そう。モーツァルトもそうだけれど、彼女に古典派の音楽は似合わない。

ブラームスのソナタは哀しみに満ち、詠嘆の声を上げる。

ショスタコの前奏曲は狂った感じ、叫びであり、チャイコフスキーは野太い音でノスタルジーや甘美な歌を歌う。そこにはこの作曲家特有のメランコリーへの共感があった。

プロコフィエフは荒々しく、ハチャトゥリアンは激するバーバリズムが強烈な印象を残す。

一転してラフマニノフは玻璃のように繊細で、絹の肌触り。

「妖精の踊り」はすばしっこいいたずら者(トリックスター)が疾風のごとく駆け巡る。

後半のプログラムは変幻自在な神尾の芸に舌を巻いた。

|

« クラシック音楽の奥座敷〜初心者には歯が立たない名曲たち | トップページ | トランプ大統領誕生と「君の名は。」大ヒットが意味するもの »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/64465549

この記事へのトラックバック一覧です: 神尾真由子 ヴァイオリン・リサイタル:

« クラシック音楽の奥座敷〜初心者には歯が立たない名曲たち | トップページ | トランプ大統領誕生と「君の名は。」大ヒットが意味するもの »