« 4回目の鑑賞と新たな発見〜「君の名は。」超マニアック講座2 | トップページ | 近・現代芸術を理解するための必読書 その2 »

2016年10月14日 (金)

SCOOP !

評価:B-

Scoop

映画公開前日に大根仁監督は次のようなツイートをした。

しかし蓋を開けてみると、「SCOOP !」公開初週の週末興行収入ランキングは第4位だった(1位:「君の名は」6週目、2位:「ハドソン川の奇跡」2週目、3位:「聲の形」3週目)。「聲の形」の上映館数が121館で「SCOOP !」は247館。半分以下の「聲の形」に負けるなんて、みっともねぇし情けねー!

映画はオーソン・ウェルズの「黒い罠」で始まり(冒頭の長回し)、ヒッチコックの「裏窓」に移行、そしてベテラン刑事とルーキーのバディ・ムービーに落ち着くという構成。最後は松田優作主演の一連のアウトローものも入っているかな。

いわゆる「松永事件」に至る前半はすごく良い。ここまでは評価Aにしようと想っていた。ところが、それから後がいただけない。主人公がロバート・キャパに憧れていたとか、福山雅治を格好よく描き過ぎ!ゲスな中年パパラッチは最後までゲスでいて欲しかった(余談だがパパラッチという言葉はフェリーニの映画「甘い生活」で生まれた)。

大根仁監督の作品は「モテキ」とか「バクマン。」とか好きだったけれど、今回は焼きが回ったな。才能あるんだから顔を洗ってまた出直してきな。俺は待ってるぜ(by 石原裕次郎)。

|
|

« 4回目の鑑賞と新たな発見〜「君の名は。」超マニアック講座2 | トップページ | 近・現代芸術を理解するための必読書 その2 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/64341665

この記事へのトラックバック一覧です: SCOOP !:

« 4回目の鑑賞と新たな発見〜「君の名は。」超マニアック講座2 | トップページ | 近・現代芸術を理解するための必読書 その2 »