« インバル/大フィルのマーラー5番 | トップページ | 白鳥・三三 両極端の会 in ひょうご 「兄さん、まさかの第2回目ですよ!」 »

2016年9月29日 (木)

タカーチ弦楽四重奏団@兵庫芸文

9月19日、兵庫県立芸術文化センター小ホールへ。

Img_0654

タカーチ弦楽四重奏団でオール・ベートーヴェン・プログラムを聴く。

  • 弦楽四重奏曲 第2番
  • 弦楽四重奏曲 第11番「セリオーソ」
  • 弦楽四重奏曲 第14番

タカーチ弦楽四重奏団はハンガリーのブタペストで結成された。初期メンバーはフランツ・リスト音楽院の同級生たちだったが、現在第1ヴァイオリン奏者はイギリス人、ヴィオラはアメリカ人が務めている。

第2番は柔らかく、温かい演奏。いぶし銀の響きで、木目の肌触りが感じられる。色のイメージで言えば茶色かな。

「セリオーソ」は鬼気迫る。

第14番は(交響曲やソナタを含めた)ベートーヴェンの全楽曲中、最高傑作だと僕は想っている。変奏曲の第4楽章は枯れた味わいがあり、第7楽章(終楽章)からは魂の叫びが聴こえてきた。ブラビッシモ!

|
|

« インバル/大フィルのマーラー5番 | トップページ | 白鳥・三三 両極端の会 in ひょうご 「兄さん、まさかの第2回目ですよ!」 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/64273518

この記事へのトラックバック一覧です: タカーチ弦楽四重奏団@兵庫芸文:

« インバル/大フィルのマーラー5番 | トップページ | 白鳥・三三 両極端の会 in ひょうご 「兄さん、まさかの第2回目ですよ!」 »