« 感動ポルノとして消費される障害者と「聲の形」 | トップページ | 日本とアイルランドの【結び】〜映画「ソング・オブ・ザ・シー 海の歌」 »

小説家・佐藤泰志と映画「オーバー・フェンス」

評価:A

Over

「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く、佐藤泰志原作による函館三部作最終章。公式サイトはこちら。佐藤の小説と、今までの映画化の経緯については下記に詳しく書いた。

因みに原作小説が「三部作」になっているわけではない。佐藤は生まれ育った函館と東京を行き来する人生を送り、その作品の大半が東京または函館が舞台となっている(僕は彼が高校生の時に書いた「市街戦のジャズメン」から文庫本に収録されていない遺作「虹」まで全小説を読破した)。佐藤は一時期文学で身を立てるのを諦め、帰郷して職業訓練学校に入った。その経験が「オーバー・フェンス」に生かされている。しかし「きみの鳥はうたえる」が第86回芥川賞候補になったため、また上京する。「オーバー・フェンス」で5回目の芥川賞候補となり、落選した5年後に首吊り自殺した。

映画三部作で面白いのはプロデューサーと撮影監督は三作全て共通しているが、監督は全て別人が起用されていること。今回は「リンダ リンダ リンダ」「天然コケッコー」「マイ・バック・ページ」「苦役列車」「もらとりあむタマ子」の山下敦弘。山下監督はのほほんと、しかし「どっこい生きている」人間を描くのが得意なので、この素材はすごく合っていた。

とりわけ素晴らしかったのが高田亮(「そこのみにて光輝く」)の脚色である。中編「オーバー・フェンス」を読んだ時、僕は「こんなに薄い内容を、どうやって映画にするんだろう?」と訝しんだ(芥川賞選考委員による酷評はこちら)。高田が選択した方法はヒロイン・聡(さとし)のキャラクターを膨らませ、佐藤の書いた別の小説「黄金の服」の登場人物像を混ぜ合わせることであった。キッチン流し台の水道水で裸身をゴシゴシ擦るエピソードがそれに当たる。あと完全にオリジナルの設定で聡が「鳥になりたい」と鳥の求愛行動を模して踊るのが印象的だった。蒼井優はバレエをしていたのでこういうのが上手いんだよね(岩井俊二監督「花とアリス」クライマックスのバレエ・シーンを想い出した)。彼女の「ぶっ壊れている」感じが良かったし、オダギリジョーも好演。

曇天の空に鳥が飛んでいるオープニング・ショットがとっても素敵で(閉塞感!)、函館山の寂れた公園の場面は物悲しく、佐藤泰志の世界(=灰色)に相応しいと想った。

|
|

« 感動ポルノとして消費される障害者と「聲の形」 | トップページ | 日本とアイルランドの【結び】〜映画「ソング・オブ・ザ・シー 海の歌」 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/64248031

この記事へのトラックバック一覧です: 小説家・佐藤泰志と映画「オーバー・フェンス」:

» 「オーバー・フェンス」:ライトでほんわかな山下流 [大江戸時夫の東京温度]
映画『オーバー・フェンス』は、佐藤泰志原作の函館を舞台にした映画3部作の3作目と [続きを読む]

受信: 2016年10月19日 (水) 23時44分

« 感動ポルノとして消費される障害者と「聲の形」 | トップページ | 日本とアイルランドの【結び】〜映画「ソング・オブ・ザ・シー 海の歌」 »