« 後世に多大な影響を与えた映画〜イングマール・ベルイマン「仮面/ペルソナ」からミュージカル「エリザベート」へ | トップページ | 新星・松田華音登場!大響名曲コンサート »

2016年8月27日 (土)

世界に羽ばたけ!〜新海誠監督「君の名は。」

評価:AAA

Kimi1

ごめん、「シン・ゴジラ」。今年のベストワンは「君の名は。」で決まりだわ。公式サイトはこちら

僕は新海誠監督「秒速5センチメートル」が死ぬほど好きで、オールタイム・ベストでも第7位に挙げている。

それでも新海誠は所詮カルトであり、一部の熱狂的ファン(例えば僕)にしか支持されない【少数のための】アニメーション監督だと高をくくっていた。つい昨日まで。

ところが「君の名は。」を観て心底驚愕した。新海監督のjump upには眼を見張るものがある。軽く細田守を超えてしまった。はっきり言おう。本作のクオリティは「千と千尋の神隠し」のレベルに達している。つまり米アカデミー賞長編アニメーション部門を狙えるということ。東宝がこれから真剣に考えないといけないのは海外にどう売るか、つまり世界戦略だ。

想像を絶する体験だった。僕たちをこんな高みにまで連れて来てくれた新海監督に対して、心からありがとうと感謝したい。

Kimi2

「君の名は。」の凄みは時間と空間の跳躍にある。平安時代に書かれた「とりかへばや物語」や日本神話(古事記)に登場するイザナミとイザナギの物語にまで繋がっている。そのスケールの大きさに頭がクラクラした。

処女作「ほしのこえ」から新海作品のテーマは距離感にある。遠くにいても心が繋がっている男女もいれば、物理的に近くでも、心は二十億光年離れている場合もある(秒速5センチメートル)。このテーマは「君の名は。」でも継承されている。

また電車鉄道)に対する執着(フェティシズム)も挙げなければならないだろう。新海作品には必ず電車が走る。例外はない。Z会のCM大成建設のCMもそう。「君の名は。」も執拗に電車が登場する。まるで山田太一か庵野秀明みたいに。電車は交差し、時に並走し、やがて離れる。それは人生を象徴している。

「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」「君の名は。」の共通項はNTTドコモ代々木ビルが繰り返し描写されること。

Ntt

「君の名は。」の主人公の自宅からは新宿御苑が一望出来る。僕は「言の葉の庭」のことを想い出し、ニヤッとした。

最後に。男女の入れ替わりが起こり、映画冒頭で三葉(みつは)が自分の胸を揉んだり、裸の上半身を鏡で見る場面は明らかに大林宣彦監督「転校生」へのオマージュである。またラストシーンはやはり大林映画「時をかける少女」のそれに密接に結びついてる。考えてみれば「秒速5センチメートル」踏切のラストシーンも「転校生」への愛が溢れていた。高校弓道部の場面は「時をかける少女」だし。Z会CMのフェリーもまた、尾道三部作・新三部作(「転校生」「さびしんぼう」「ふたり」「あした」など)を髣髴とさせる。是非大林監督に「君の名は。」の感想を訊いてみたいものである。

|
|

« 後世に多大な影響を与えた映画〜イングマール・ベルイマン「仮面/ペルソナ」からミュージカル「エリザベート」へ | トップページ | 新星・松田華音登場!大響名曲コンサート »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

アニメーション・アニメーション!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/64115316

この記事へのトラックバック一覧です: 世界に羽ばたけ!〜新海誠監督「君の名は。」:

« 後世に多大な影響を与えた映画〜イングマール・ベルイマン「仮面/ペルソナ」からミュージカル「エリザベート」へ | トップページ | 新星・松田華音登場!大響名曲コンサート »