« 柳家喬太郎の怪談噺(昼夜通し)@兵庫芸文 | トップページ | バシュメット & モスクワ・ソロイスツ »

久石譲作曲 "MIDORI Song" 初演!〜五嶋みどり ICEP報告コンサート

ICEP ミュージカル・シェアリングのHPはこちら

五嶋みどりによるICEP報告コンサートは毎年足を運び、記事を書いている。

今年12月にはネパールを訪問するそう。

さて、6月8日(水)ザ・フェニックスホールへ。

Icep

五嶋みどり(ヴァイオリン)、ロビン・ボリンガー(ヴァイオリン)、ウィリアム・フランプトン(ヴィオラ)、マイケル・カッツ(チェロ)で、

  • ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲 断章 ヘ長調
  • シュニトケ:弦楽三重奏曲
      ー休憩ー
  • 活動報告
  • 久石譲:MIDORI Song (初演)
  • モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 K.423
  • メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲 第6番

前半はみどりがリードを取り、後半はロビン・ボリンガーが主導権を握った。

シュニトケは退屈。

久石譲の新曲は平明で優しいテーマ(短い)がどんどん変奏されてゆく。「となりのトトロ」を彷彿とさせる明るさに満ちている。この作曲家得意のミニマル・ミュージックというよりはむしろ、パッサカリア(シャコンヌ)に近いかな?チェコ・フィルが演奏したオーケストラ・バージョンの録音もあるらしい。大いに気に入った。

ところで久石譲はみどりの弟、五嶋龍のために「題名のない音楽会」新テーマ曲 "Untitled Music" を贈っている。面白いね。

モーツァルトの二重奏曲は闊達。メンデルスゾーンは鬼気迫る緊迫感があり、「悲劇の季節」という言葉が思い浮かんだ。けだし美しい演奏だった。終わり良ければ全て良し。大満足で帰途についた。

|

« 柳家喬太郎の怪談噺(昼夜通し)@兵庫芸文 | トップページ | バシュメット & モスクワ・ソロイスツ »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/63753559

この記事へのトラックバック一覧です: 久石譲作曲 "MIDORI Song" 初演!〜五嶋みどり ICEP報告コンサート:

« 柳家喬太郎の怪談噺(昼夜通し)@兵庫芸文 | トップページ | バシュメット & モスクワ・ソロイスツ »