« 映画「ちはやふる ー上の句ー」 | トップページ | スペインにもジャパニメーション・ヲタがいた!〜映画「マジカル・ガール」 »

荘村清志&福田進一/デュオ・コンサート

4月2日(土)ザ・フェニックスホールへ。

荘村清志と福田進一によるギター・デュオを聴く。

  • 作者不詳:ルネサンス期の2つの小品
    (ドゥリュリーの和音/ナイチンゲール)
  • アルビノーニ(R.ジャゾット/A.ラゴヤ編):アダージョ
  • F.ソル:2人の友
  • F.サイ:リキアの王女*
  • モリコーネ(鈴木大介):ニュー・シネマ・パラダイス
  • マイヤース(鈴木大介):カヴァティーナ
  • タレガ(J.サグレラス):アルハンブラの思い出
  • ファリャ(E.プホール):「はかなき人生」よりスペイン舞曲
  • グラナドス(荘村清志):「スペイン舞曲集」よりオリエンタル
  • プーランク(福田進一):エディット・ピアフを讃えて
  • 久石譲:Shaking Anxiety and Dreamy Globe*
  • ハーライン(江部賢一):星に願いを(アンコール)
  • F.カルリ:対話風小二重奏曲第2番よりロンド(アンコール)
  • グリェーミ(鈴木大介):バラ色の人生(アンコール)

*Hakujuギター・フェスタ委嘱作品

ふたりの演奏スタイルには明確な違いがある。荘村が背筋を伸ばし、客席に真っ直ぐ向いて弾くのに対し、福田は背を丸め、前のめりで俯き加減の姿勢。荘村の奏でるギターの音はストイックで清冽なのに対し、福田はwetで咽び泣くよう。

アルビノーニのアダージョをギターで聴くのは初めて。通常聴く弦楽合奏と違い、決然と進む。

「2人の友」はソルが名ギター奏者ディオニシオ・アグアドと演奏するために作曲した。二人は仲がよく、一緒に暮らしたこともあるという。各パートは1st./2nd.ではなく、ソル/アグアドと書かれているそう。主旋律と伴奏の役割が途中で何度も入れ替わる趣向になっている。序奏/主題と変奏/マズルカという構成で、最後は華やかな舞踏曲で締め括られた。

「リキアの王女」はトルコ出身の鬼才ピアニスト、ファジル・サイ(1970- )が作曲。メロディアスで親しみやすい。

久石譲の曲は2012年初演。各々の拍子が異なり、片方が二拍子のところでもう片方が三拍子といった具合。そして久石得意のミニマル・ミュージックの手法で書かれている。

名手ふたりによるデュオというのは贅沢な体験だった。映画「ディア・ハンター」で有名になったカヴァティーナや「ニュー・シネマ・パラダイス」も素敵なアレンジだった。

|

« 映画「ちはやふる ー上の句ー」 | トップページ | スペインにもジャパニメーション・ヲタがいた!〜映画「マジカル・ガール」 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/63438079

この記事へのトラックバック一覧です: 荘村清志&福田進一/デュオ・コンサート:

« 映画「ちはやふる ー上の句ー」 | トップページ | スペインにもジャパニメーション・ヲタがいた!〜映画「マジカル・ガール」 »