« 秋元康プロデュース・欅坂46「サイレントマジョリティー」を讃えて(あるいは、アメリカの闇) | トップページ | 劇場版 響け!ユーフォニアム〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜 »

2016年4月24日 (日)

蜜のあわれ

評価:B+

室生犀星晩年の小説を映画化。公式サイトはこちら

Awa

監督は石井岳龍(がくりゅう)、改名前の石井聰互(そうご)の方が有名だろう。代表作は「高校大パニック」「狂い咲きサンダーロード」「逆噴射家族」。

老いとエロスについての物語である。効果音がとても印象的。

二階堂ふみ(21)が出演した映画を今まで何本観たかを考えてみた。最初が2012年の「ヒミズ」。この時は宮崎あおいそっくりでびっくりした。それから「悪の教典」「脳男」「地獄でなぜ悪い」「私の男」「渇き。」「ジヌよさらば」「この国の空」。よって「蜜のあわれ」が9本目である。金魚の化身を演じる彼女のことを初めて可愛いと想った(これまでの印象は妖艶・小悪魔・宮崎あおいを一寸下品にした感じ)。自分のことを「あたい」と呼ぶのがいいね。「金魚ダンス」も微笑ましい。

|
|

« 秋元康プロデュース・欅坂46「サイレントマジョリティー」を讃えて(あるいは、アメリカの闇) | トップページ | 劇場版 響け!ユーフォニアム〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/63516351

この記事へのトラックバック一覧です: 蜜のあわれ:

« 秋元康プロデュース・欅坂46「サイレントマジョリティー」を讃えて(あるいは、アメリカの闇) | トップページ | 劇場版 響け!ユーフォニアム〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜 »