« オスカー・ナイト2016〜宴のあとに | トップページ | Macと私〜映画「スティーブ・ジョブズ」 »

2016年3月 2日 (水)

児玉宏 The Last Concert !/大阪交響楽団 名曲コンサート

2月28日(日)ザ・シンフォニーホールへ。

児玉宏(今シーズンで音楽監督・首席指揮者を退任)/大阪交響楽団 with 須川展也(サクソフォン)で、

  • ロッシーニ:歌劇「絹のはしご」序曲
  • グラズノフ:アルトサクソフォンと弦楽のための協奏曲
  • カッチーニ(朝川朋之 編):アヴェ・マリア(ソリスト・アンコール)
  • ロッシーニ:歌劇「シンデレラ」序曲
  • ベートーヴェン:交響曲 第4番

ロッシーニは軽妙。アンサンブルはきりりと引き締まり、と同時に柔軟な演奏。「シンデレラ」は沸き立つようなロッシーニ・クレシェンドにワクワクした。

グラズノフは暗い湖底にダイヤモンドが燦めいているよう。サクソフォンの美しく繊細なヴィブラートが印象的。アンコールのカッチーニには静謐な抒情があり、伴奏の弦は硬質な魅力を放つ。

ベートーヴェンの4番は1st Vn-2nd Vn-Va-Vc-Cbが10-8-6-6-4の比較的小さな編成。序奏の弦はノン・ヴィブラートで開始され、主部に入って以降もノン・ヴィブラートとヴィブラート奏法が交叉する。生命力に満ちた演奏で、この曲はAnima Symphonyだなと想った(animaとはラテン語で生命や魂を意味し、animalやanimationの語源である)。第2楽章は付点のリズムが正確無比で終楽章は小気味いい。

今から8年前の2008年3月に児玉宏のベートーヴェン7番を聴いて圧倒された記憶がまざまざと蘇ってきた。

児玉のブルックナーは堪能したが、願わくばもっとベートーヴェンも聴きたかった。そしてオペラ!またカレッジ・オペラ・ハウスなどにも客演してくださいね。

|
|

« オスカー・ナイト2016〜宴のあとに | トップページ | Macと私〜映画「スティーブ・ジョブズ」 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/63278868

この記事へのトラックバック一覧です: 児玉宏 The Last Concert !/大阪交響楽団 名曲コンサート:

« オスカー・ナイト2016〜宴のあとに | トップページ | Macと私〜映画「スティーブ・ジョブズ」 »