« 関西弦楽四重奏団/チェコ音楽の夕べ | トップページ | 蘇る岩井俊二「リップヴァンウィンクルの花嫁」 »

2016年3月25日 (金)

堀米ゆず子 バッハ&ブラームス プロジェクト 【最終回】

3月21日(月)兵庫県立芸術文化センター小ホールへ。

堀米ゆず子(ヴァイオリン)、サボルチ・ゼンプレーニ(ホルン)、工藤重典(フルート)、リュック・ドゥヴォス(ピアノ)で、

  • ブラームス:ホルン三重奏曲
  • J.S.バッハ:「音楽の捧げもの」よりトリオ・ソナタ ハ短調
  • J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第3番

アンコールもJ.S.バッハで

  • 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番 第3楽章 ガヴォット
  • 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番 第3楽章 アンダンテ

ゼンプレーニはブタペスト生まれで2013年までバンベルク交響楽団の首席ホルン奏者を務めた。柔らかくふくよかな音。ただブラームスのホルン三重奏はバルブ/ピストンがないナチュラル・ホルンを想定して作曲されたとのことなので、一度そちらの実演も聴いてみたい。CDではスヴァールト(Hr)、ファウスト(Vn)、メルニコフ(P)が古楽器を用いたバージョンがある(けだし名演)。

「音楽の捧げもの」での工藤のフルートの音は粒立ち、端正。

堀米の独奏によるバッハは、ギドン・クレーメルほど激しく情熱的でもなく、五嶋みどりのように禁欲的で諦念と哀しみを湛えたものでもない。かと言ってイザベル・ファウストのようなピリオド・アプローチでもない。なんだかどっちつかずで中途半端なんだなぁ。良くも悪くも中庸というか。

アンサンブル(室内楽)は充実していたが、無伴奏は物足りないシリーズであった。

|
|

« 関西弦楽四重奏団/チェコ音楽の夕べ | トップページ | 蘇る岩井俊二「リップヴァンウィンクルの花嫁」 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/63389960

この記事へのトラックバック一覧です: 堀米ゆず子 バッハ&ブラームス プロジェクト 【最終回】:

« 関西弦楽四重奏団/チェコ音楽の夕べ | トップページ | 蘇る岩井俊二「リップヴァンウィンクルの花嫁」 »