« ダニエル・ハーディングの幻想交響曲/PAC定期 | トップページ | ミュージカル「スコット&ゼルダ」(千秋楽)と村上春樹 »

ピリス&メネセス/ベートーヴェンを弾く

11月3日(火)兵庫県立芸術文化センターへ。

ポルトガル、リスボン生まれのピアニスト、マリア・ジョアン・ピリス(ピレシュ)とブラジル生まれのチェリスト、アントニオ・メネセスのデュオを聴く。

Img_0124

  • ベートーヴェン:チェロ・ソナタ 第2番
  • ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第32番
  • J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第2番
  • ベートーヴェン:チェロ・ソナタ 第3番
  • J.S.バッハ:パストラーレ BWV590 第3曲(アンコール)
  • ショパン:チェロ・ソナタ 第3楽章(アンコール)

客席数2001席の大ホールが満席。クレーメル&クレメラータ・バルティカの時とは大違い。

プログラム・ノートにバッハの無伴奏チェロ組曲はチェリストにとって「旧約聖書」と呼ばれていると書かれていて、へ~、じゃあ「新約聖書」は?と調べてみた。どうやらベートーベンのチェロ・ソナタが該当するらしい。

そのチェロ・ソナタ2曲は枯れて、禁欲的。自己を前に押し出すのではなく、お互いに慈しみ合うよう。肩の力が抜けた、滋味に富む演奏だった。

ピリスの独奏については日本の女性ピアニスト(河村尚子と松田華音を除く)に対して感じる弱点と同様の印象を受けた。腕力の問題で力強い打鍵が難しい。彼女が奏でる最後のソナタは厳しさよりも諦念(と受容)が支配的で、祈りの音楽。第1楽章には均整のとれた完全な美があり、第2楽章は人生最後の時を迎えた作曲家が静かに息を引き取るイメージが脳裏に浮かんだ。

メネセスのバッハは朴訥で、慎ましい日々の生活を送る修道士を連想させた。

デュオあり、それぞれのソロありと美味しい演奏会だった。

|
|

« ダニエル・ハーディングの幻想交響曲/PAC定期 | トップページ | ミュージカル「スコット&ゼルダ」(千秋楽)と村上春樹 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/62611003

この記事へのトラックバック一覧です: ピリス&メネセス/ベートーヴェンを弾く:

« ダニエル・ハーディングの幻想交響曲/PAC定期 | トップページ | ミュージカル「スコット&ゼルダ」(千秋楽)と村上春樹 »