« 「バクマン。」こそ、米アカデミー外国語映画賞日本代表に選ぶべき。 | トップページ | 粟島への旅 »

第5回 堀米ゆず子 バッハ&ブラームス プロジェクト

10月4日兵庫県立芸術文化センターへ。

Crvhihmvaaa6pqyjpg_medium

堀米ゆず子(ヴァイオリン)、デボラ・ペー(チェロ)、津田裕也(ピアノ)ほかで、

  • ブラームス:弦楽五重奏曲 第2番
  • J.S.バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ 第3番
  • J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ 第3番

ブラームスは室内楽を書く名手だったが、中でもこのクインテットは極めつけの名曲。

チェロが雄弁で覇気がある。アンサンブルの厚みのある音に魅了された。

パルティータは明朗な音楽。前半のブラームスに比べると後半のバッハは些か低調な印象を受けた。

|
|

« 「バクマン。」こそ、米アカデミー外国語映画賞日本代表に選ぶべき。 | トップページ | 粟島への旅 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/62478195

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回 堀米ゆず子 バッハ&ブラームス プロジェクト:

« 「バクマン。」こそ、米アカデミー外国語映画賞日本代表に選ぶべき。 | トップページ | 粟島への旅 »