« 映画「キングスマン」 | トップページ | 児玉宏のブルックナー第9番 »

2015年9月29日 (火)

窃盗映画「あの日のように抱きしめて」とクルト・ヴァイル

評価:C-

F

ドイツ映画である。監督は「東ベルリンから来た女」でベルリン国際映画祭銀熊賞(監督賞)を受賞したクリスティアン・ペツォールト。公式サイトはこちら

ナチスのアウシュヴィッツ強制収容所から生還した女。顔に大怪我を負い、整形手術をして夫の元に帰るが彼は気が付かない。この導入部は映画化もされた安部公房「他人の顔」を髣髴とさせる。

「三文オペラ」で名高いクルト・ヴァイルの名曲「スピーク・ロウ」が冒頭からジャズ・アレンジで流れる。実に心地よい。ヴァイルは1900年にドイツに生まれたユダヤ人。彼が音楽を担当した舞台作品の上演や音楽会は、ナチス当局による暴力的な干渉のため中断せざるを得なくなり、1933年遂に亡命した。パリ経由でニューヨークに渡った彼はミュージカルを手掛けるようになる。「スピーク・ロウ」は1943年に初演されたミュージカル「ワン・タッチ・オブ・ヴィーナス」のナンバー。宝塚花組がバウホールで上演したこともある。

ただその後の映画の展開がヒッチコックの「めまい」そっくりで呆れ果てた。デヴィッド・フィンチャーの「ゴーン・ガール」も「めまい」へのオマージュだったが、こちらはオマージュというレベルじゃない。猿真似・窃盗である。「めまい」をダグラス・サーク風メロドラマに仕立てましたよという体(てい)だ。因みにダグラス・サークはドイツの映画監督。ユダヤ人だった彼はナチスの弾圧を逃れ1937年にアメリカに亡命、ハリウッドで活躍した。

また本作の主人公はアメリカ兵相手のクラブ「Phoenix(=不死鳥、これが映画の原題)」で夫に再開を果たすのだが、そこのショーの雰囲気はボブ・フォッシーの「キャバレー」(舞台はナチス・ドイツ政権下のベルリン)そっくり。借り物ばかりで、一体この監督の個性は何処にあるの??と頭の中が疑問符だらけになった。

あ〜あ、予告編で期待していたのにがっかりだよ。

唯一収穫だったのはロケット発射時にするカウント・ダウンの起源がフィリッツ・ラング監督のドイツ映画「月世界の女」(1929)だと判ったことかな。

|
|

« 映画「キングスマン」 | トップページ | 児玉宏のブルックナー第9番 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

舞台・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/62375381

この記事へのトラックバック一覧です: 窃盗映画「あの日のように抱きしめて」とクルト・ヴァイル:

« 映画「キングスマン」 | トップページ | 児玉宏のブルックナー第9番 »