« ミュージカル「レ・ミゼラブル」 2015@大阪公演 | トップページ | 怪優ジェイク・ギレンホールが夜のLAを徘徊する!〜映画「ネットワーク」×「タクシードライバー」=「ナイトクローラー」 »

「任務遂行不可能/ならず者軍団」(ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション)

評価:A-

Mi

映画公式サイトはこちら

5作目となるこのシリーズ、毎回監督が違うというのが面白い。しかし一定の水準を保っているのだからさすがだ。トム・クルーズの力量なのだろう。

当初はトムの派手なアクションばかり目立ち、チーム・プレイ感が薄かったのだけれど(007とどこが違うの?)、J.J. エイブラムスが監督した3作目くらいから漸く「スパイ大作戦」らしくなってきた(J.J. は4・5作でもプロデューサーとして名を連ねている)。

今回は3作目から登場しているベンジー(サイモン・ペッグ)に焦点が当てられている。

脚本・監督を兼任したクリストファー・マッカリーの手腕は大したものだ。定番のカー・チェイスや、畳み掛けるように続くバイク・チェイスも大迫力だし、水中での不可能任務で醸し出す緊張感も上手い。

ウィーン国立歌劇場を貸し切ってのロケにもびっくりしたが、ここで展開されるプッチーニのオペラ「トゥーランドット」(演奏するのはウィーン国立歌劇場管弦楽団=ウィーン・フィルの楽員)上演中の暗殺計画は明らかにアルフレッド・ヒッチコック監督「知りすぎていた男」(1955)へのオマージュである。「知りすぎていた男」は政府要人をコンサートでシンバルの音に合わせて銃殺しようとする物語だが、「ローグ・ネイション」ではテノールのアリア”誰も寝てはならぬ”最後の最高音H(=シ。ルチアーノ・パヴァロッティが得意としたハイCの半音下)がきっかけとなる。アルト・フルートを改造銃にして持ち込むというアイディアも秀逸。ただ60年前ならともかく、現代ではサイレンサー(消音器)を使用しているわけだから、音のカモフラージュは本当に必要だろうか?と疑問を感じた。実際、トムはそのタイミングより早く発砲するが、捕まらずに会場を去るわけだし。

以降、ヒロインが登場するたびに”誰も寝てはならぬ”の旋律が登場するのが洒落ている(ミステリアスなヒロイン像とトゥーランドット姫の3つの謎掛けが重ね合わされている)。それから今回の音楽はシリーズ中、一番ラロ・シフリンのテーマ曲(とそのバリエーション)を多用しているのではないだろうか?如何にも「スパイ大作戦」という雰囲気が出ていて良かった。

ロンドンの中古レコード店に登場する金髪の連絡員(ハーマイオニー・コーフィールド)が凄く可愛かったのに、あっさり殺されてしまったので唖然とした。もう一寸彼女の活躍を観たかった。で真のヒロインはスウェーデン女優レベッカ・ファーガソン。大人の女という感じで格好良かった。スウェーデンといえばグレタ・ガルボやイングリッド・バーグマンを輩出しており、美人の産地だね。

|

« ミュージカル「レ・ミゼラブル」 2015@大阪公演 | トップページ | 怪優ジェイク・ギレンホールが夜のLAを徘徊する!〜映画「ネットワーク」×「タクシードライバー」=「ナイトクローラー」 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/62153792

この記事へのトラックバック一覧です: 「任務遂行不可能/ならず者軍団」(ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション):

« ミュージカル「レ・ミゼラブル」 2015@大阪公演 | トップページ | 怪優ジェイク・ギレンホールが夜のLAを徘徊する!〜映画「ネットワーク」×「タクシードライバー」=「ナイトクローラー」 »