« 悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46 | トップページ | 「ライアンの娘」〜デヴィッド・リーン賛歌 »

映画「ターナー、光に愛を求めて」

評価:B+

原題は"Mr. Turner"。アカデミー賞では美術、衣装デザイン、撮影、作曲の4部門にノミネートされた。公式サイトはこちら

Mr_turner_2 Big

マイク・リー監督はカンヌでパルムドールに輝いた「秘密と嘘」とか余り好きじゃないのだけれど、今回初めて「いい」と想った。

主演はティモシー・スポール。「ハリー・ポッター」シリーズのピーター・ペティグリューや「スウィーニー・トッド」の役人バムフォード、「英国王のスピーチ」のウィンストン・チャーチル役などで知られている。本作でカンヌ国際映画祭で男優賞を受賞。芸術家の崇高さと庶民的な下品さー聖と俗の同居を巧みに演じ切っている。 

物語的には画家の伝記映画、例えばロートレックを主人公とした「赤い風車」とかモディリアーニを描く「モンパルナスの灯」、「炎の人ゴッホ」などの枠を踏み越える作品ではないが、本作の魅力は兎に角、撮影監督ディック・ポープによる映像美、これに尽きる。ターナーの描いた絵の世界、その光と影の織りなす綾が目の前のスクリーンで鮮やかに展開されてゆくのだ。圧巻である。

ちなみに「007 スカイフォール」でジェームズ・ボンドとQがロンドン、ナショナル・ギャラリーで合う場面がある。ふたり話をしながら見ている絵がターナーの「戦艦テメレール号」。2005年に行われたイギリス国内の一般投票により「最も偉大なイギリス絵画」に選ばれた。

Turner

「スカイフォール」の映像もこのターナーの絵を意識している(撮影監督はロジャー・ディーキンス)。両者を観比べてみるのも一興だろう。

|

« 悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46 | トップページ | 「ライアンの娘」〜デヴィッド・リーン賛歌 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/61886830

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ターナー、光に愛を求めて」:

» http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post.html [大江戸時夫の東京温度]
[続きを読む]

受信: 2015年7月28日 (火) 23時09分

« 悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46 | トップページ | 「ライアンの娘」〜デヴィッド・リーン賛歌 »