« 柳亭市馬・柳家喬太郎 二人会(最終回) | トップページ | インサイド・ヘッド(3D日本語吹替版)あるいは、宮﨑駿へのオマージュ »

「天女散花、恋は魔術師♡」いずみシンフォニエッタ大阪 定期

7月18日(土)いずみホールへ。

飯森範親/いずみシンフォニエッタ大阪の定期演奏会。その前にロビーコンサートあり。

Cklyttveamect4jpg_medium

本編の方は、

  • ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ 第9番
  • ヴィラ=ロボス:前奏曲 第3番(ギター・ソロ)
  • 西村朗:ギター協奏曲「天女散花」
    (ギター/鈴木大介)
  • 坂東祐大:めまい 世界初演
  • ファリャ:恋は魔術師
    (小編成アンサンブルのための1915年オリジナル版)

弦楽合奏によるブラジル風バッハは透明感があって清浄。

「天女散花」は色彩感豊かな幻夢を描く。

「めまい」は耳鳴り・痙攣(エクソシスト的)・過呼吸・吐き気・幻覚症状といった生理現象(官能からゲロまで)を題材にしており、極めてユニーク。新しい響きがあった。クライマックスではバーナード・ハーマンがヒッチコック映画「めまい」のために作曲したScene d'amour(愛の情景)が引用され、音楽がスパイラルを描きながら上昇、そして一気に落下するのを聴いて、キム・ノヴァクがジェームズ・スチュワートに引き摺られるように教会の鐘楼にある螺旋階段を登り、転落する光景が脳裏に鮮やかに蘇った。曲が終わると客席から笑いが起こったが、現代音楽の演奏会では珍しい。いや~面白い体験だった。坂東祐大、大阪府高石市出身の24歳。おぬし、中々やるな!

「恋は魔術師」のメゾ・ソプラノは林美智子、ナレーションを太田真紀が担当した。14−5人程度の小編成オーケストラは精緻で切れがあった。林の歌は艶やかで、太田のナレーションも物語性があって出色の出来。1925年改訂バレエ版とは台本が異なり、聴き応えがあった。

|
|

« 柳亭市馬・柳家喬太郎 二人会(最終回) | トップページ | インサイド・ヘッド(3D日本語吹替版)あるいは、宮﨑駿へのオマージュ »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/61972987

この記事へのトラックバック一覧です: 「天女散花、恋は魔術師♡」いずみシンフォニエッタ大阪 定期:

« 柳亭市馬・柳家喬太郎 二人会(最終回) | トップページ | インサイド・ヘッド(3D日本語吹替版)あるいは、宮﨑駿へのオマージュ »