« 映画「新宿スワン」 | トップページ | 大フィル事務局への苦言/エリシュカのスターバト・マーテル »

2015年6月 8日 (月)

映画「サンドラの週末」とデュヴィヴィエの「舞踏会の手帳」

評価:B+

01

「サンドラの週末」は2014年ベルギー・フランス・イタリアの合作。監督はカンヌ国際映画祭で2度パルム・ドール(最高賞)を受賞した経験があるダルデンヌ兄弟。マリオン・コティヤールが本作でヨーロッパ映画賞、ニューヨーク映画批評家協会賞の主演女優賞を受賞。アカデミー主演女優賞にもノミネートされた。映画公式サイトはこちら

コティヤールは「エディット・ピアフ 〜愛の讃歌〜」(2007)でフランス人女優としてはシモーヌ・シニョレに続いて史上2人目、49年振りの主演賞受賞者となった。また外国語映画(英語以外の言語の映画)での受賞は史上5人目である。

その後「パブリック・エネミーズ」「NINE」「インセプション」「ミッドナイト・イン・パリ」「ダークナイト ライジング」と立て続けにハリウッド映画に出演。一躍トップ・スターになった。

「サンドラの週末」は第1にコティヤールの演技を堪能するための映画である。パーフェクト!彼女がフランス語を喋っているのを久しぶりに聴いた。サンドラはうつ病で休職中。そして薬物依存症である。いかにもアカデミー会員が好む役柄だ(因みに今年受賞したのは「アリスのままで」のジュリアン・ムーア。若年性アルツハイマー病の役である)。

彼女が働く工場(不景気で経費削減を狙っている)の労働者たちが迫られる選択は、①サンドラの復職②サンドラを解雇し、その代わりに全員がボーナスを貰う

このボーナスが1,000ユーロということなのだが、調べてみると14万円くらい。そりゃ僕も同じ立場に追い込まれたら、サンドラは可哀想だけれど臨時収入は欲しいしと悩むわな。二者択一とは酷というものですぜ。雇用者の責任転嫁だ。


(以下ネタバレあり)




想定外の結末。しかし、物語の最初と最後を比べるとサンドラは確実に一歩前進している。いい映画だ。ヒロインが沢山の人々を訪ね歩くというプロットと、苦い結末という点で僕はジュリアン・デュヴィヴィエ監督のフランス映画「舞踏会の手帳」(1937)のことを想い出した。

|
|

« 映画「新宿スワン」 | トップページ | 大フィル事務局への苦言/エリシュカのスターバト・マーテル »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/61692353

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「サンドラの週末」とデュヴィヴィエの「舞踏会の手帳」:

« 映画「新宿スワン」 | トップページ | 大フィル事務局への苦言/エリシュカのスターバト・マーテル »