« 冨田勲 来阪!「源氏物語幻想交響絵巻」 | トップページ | 吉野の桜 2015 »

2015年4月19日 (日)

ペーター・フロール/大阪フィル 定期

3月20日(金)フェスティバルホールへ。

旧東ドイツ(ライプツィヒ)生まれの指揮者、ペーター・フロール/大阪フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会を聴く。

  • ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲
  • ドボルザーク:交響曲 第8番

独奏はドイツ出身のクララ=ジュミ・カン(ヴァイオリン)と中国生まれのジャン・ワン(チェロ)。

フロールは2008−2014の間マレーシア・フィルの音楽監督を務め、大植英次が急病でキャンセルした大フィル定期をピンチヒッターとして振っている(2007/2/22-23、曲目はモーツァルトの交響曲第40番とチャイコフスキーの悲愴)。

ブラームスのドッペルコンチェルトはチェロの美音に酔った。ドラマティックでオケも堂々とした風格があり、粘り強い。一方のヴァイオリンは印象が薄かった。チェロのアンコールはリズミカルに躍動するバッハ。

An

後半のドヴォルザークは萌える草木を揺らす爽やかなボヘミアの風が感じられ、沸き立つ生命感に溢れている。流麗な第3楽章は音楽がうねる。音色・強弱のグラデーションが豊か。そして終楽章は内的エネルギーの爆発。人間も自然も生を謳歌する。今まで実演を聴いた中で、最高の名演だった。

|
|

« 冨田勲 来阪!「源氏物語幻想交響絵巻」 | トップページ | 吉野の桜 2015 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/61443753

この記事へのトラックバック一覧です: ペーター・フロール/大阪フィル 定期:

« 冨田勲 来阪!「源氏物語幻想交響絵巻」 | トップページ | 吉野の桜 2015 »