« 宴の後/演技部門でオスカーを勝ち取る方法 | トップページ | ガヴァドン登場!〜柳亭市馬・柳家喬太郎 二人会 (2/22) »

2015年2月27日 (金)

新作を披露/笑福亭鶴瓶落語会@兵庫芸文(1/25)

1月25日(日)兵庫県立芸術文化センターへ。笑福亭鶴瓶落語会。

  • 笑福亭喬若/動物園
  • 笑福亭鶴瓶/オールウェイズ お母ちゃんの笑顔
  • 桂文華/ふぐ鍋
  • 笑福亭鶴瓶/三年目
  • 笑福亭鶴瓶/山名屋浦里

参った。私落語「Always -お母ちゃんの笑顔-」を聴くのはこれで8回目くらい?もうウンザリ。飽きた。頻度高すぎ。前日24日(土)の昼公演は「琵琶を弾く観音像」で夜公演は「長屋の傘」だったという。うゎ、どっちも聴いたことがないのに!ハズレを引いてしまった。なんでも鶴瓶は3公演とも「琵琶を弾く観音像」を演じるつもりだったが、最初の公演を聴いた鶴瓶夫人から「ワタシあの噺嫌い」と言われたので変えたのだそう。「いらんこと言うな!」と申し上げたい。

「鶴瓶噺」も自分や夫人の自慢話ばっかりで詰まらない。少しも笑えない。来年からこの会に来るのはやめようかな?

鶴瓶は大体年間135席高座に上がっているそうである。また落語会初日に中谷美紀が聴きに来てくれて、(兵庫県の名店)ツマガリのケーキを差し入れてくれたと。

トリネタの元は扇屋の花魁・花扇の実話。それをタモリから聴いた鶴瓶が落語作家・くまざわあかねに台本を依頼し、主人公を山名屋の花魁・浦里にしたもの。これは以前「お直し」でも感じたことなのだが、鶴瓶に大阪のオバチャンは似合うけれど、若い花魁を演じると違和感をすごく感じるのである。あたりまえだけれど色気がないし(逆に柳家さん喬とか桂春蝶なら似合いそう)、彼のニンに合っていない。ガッカリだった。

|
|

« 宴の後/演技部門でオスカーを勝ち取る方法 | トップページ | ガヴァドン登場!〜柳亭市馬・柳家喬太郎 二人会 (2/22) »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/61183674

この記事へのトラックバック一覧です: 新作を披露/笑福亭鶴瓶落語会@兵庫芸文(1/25):

« 宴の後/演技部門でオスカーを勝ち取る方法 | トップページ | ガヴァドン登場!〜柳亭市馬・柳家喬太郎 二人会 (2/22) »