« ミュージカル「モーツァルト!」2015 | トップページ | 鈴木秀美/OLCのモーツァルト(グラン・パルティータ&ミサ曲ハ短調) »

2015年1月16日 (金)

イン・テンポで弾けないピアニストは勘弁してくれ!~寺岡清高/大阪交響楽団 定期

12月15日、ザ・シンフォニーホールへ。

寺岡清高/大阪交響楽団で

  • ハンス・ロット:「ジュリアス・シーザー」への前奏曲
  • フランツ・シュミット:交響曲 第1番
  • ブラームス:ピアノ協奏曲 第2番

ピアノ独奏はオーストリア生まれのクリストファー・ヒンターフーバー。

ロットをこのコンビで聴くのは2回目。シュミットは恐らく今回が日本初演だろうとのこと。交響曲第4番(名曲!)になると、ブルックナーとマーラーの間をたゆたうような作風となるが、25歳の時に完成された本作はブルックナーの影響が色濃い。なお彼はウィーン宮廷歌劇場管弦楽団(現在のウィーン国立歌劇場管弦楽団、すなわちウィーン・フィル)にチェロ奏者として入団し、そこで指揮者マーラーに出会うことになる。第4楽章はコラール(賛美歌)風旋律が登場し、フーガになる。ちなみにシュミットもブルックナーもオルガン奏者だった。

ブラームスのコンチェルトはとにかくソリストがお粗末。下手な奏者の特徴で難しいパッセージになるとテンポが落ちる。つまりイン・テンポで弾けないのだ。音楽は停滞し、ミス・タッチも目立つ。日本のピアニストでもっとマシな人は沢山いるだろうに。大好きな曲なのに全く愉しめなかった。

|
|

« ミュージカル「モーツァルト!」2015 | トップページ | 鈴木秀美/OLCのモーツァルト(グラン・パルティータ&ミサ曲ハ短調) »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/60978116

この記事へのトラックバック一覧です: イン・テンポで弾けないピアニストは勘弁してくれ!~寺岡清高/大阪交響楽団 定期:

« ミュージカル「モーツァルト!」2015 | トップページ | 鈴木秀美/OLCのモーツァルト(グラン・パルティータ&ミサ曲ハ短調) »