« 日本では稀な本格的ミュージカル映画「舞妓はレディ」 | トップページ | 藤岡幸夫のシベリウス×萩原麻未のショパン〜関西フィル定期 »

朝日のような夕日を連れて 2014

8月29日(金)森ノ宮ピロティホールへ。

Asa

1981年初演。第三舞台の旗揚げ公演であると同時に当時22歳だった鴻上尚史の処女作であり代表作。オリジナルの舞台はベケットの戯曲「ゴドーを待ちながら」とルービックキューブをモチーフにしていたが、今回の再演で登場するおもちゃ会社が扱うのはコンピューター・ゲームになっている。

出演者は初演から演じている大高洋夫と小須田康人(1983年の再演に初出演)に加え、藤井隆、伊礼彼方、玉置玲央。

鴻上尚史が最近話題になることは全くなく「ただの人」だけれど、若い頃にはものすごい才能があったんだなぁと感嘆した。25歳で最高傑作「市民ケーン」を撮ったオーソン・ウェルズみたいだ。現代日本の様相と1940年代終わりに書かれた古典「ゴドーを待ちながら」がクロスオーバーし、熱を帯び発火していくことの奇跡。ごった煮、混沌とした面白さがあった。また観たい。

|
|

« 日本では稀な本格的ミュージカル映画「舞妓はレディ」 | トップページ | 藤岡幸夫のシベリウス×萩原麻未のショパン〜関西フィル定期 »

舞台・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/60229393

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日のような夕日を連れて 2014:

« 日本では稀な本格的ミュージカル映画「舞妓はレディ」 | トップページ | 藤岡幸夫のシベリウス×萩原麻未のショパン〜関西フィル定期 »