« 白鳥・三三 両極端の会 in 秋のひょうご | トップページ | 死の淵から帰還した井上道義とチャイコフスキーのNegative Thinking Symphony »

2014年10月28日 (火)

児玉宏のブルックナー00番

9月19日(金)ザ・シンフォニーホールへ。

児玉宏/大阪交響楽団

  • ゲッツ/歌劇「じゃじゃ馬ならし」序曲
  • モーツァルト/ピアノ協奏曲 第15番
  • ブルックナー/交響曲 第00番

ヘルマン・ゲッツはブラームスより7年後に生まれたドイツの作曲家。「じゃじゃ馬ならし」は軽快で木管が愛らしい曲。スッペの序曲みたい。

モーツァルトの独奏は佐藤卓史。歯切れよく、オーケストラはピリオド・アプローチじゃないのに羽のように軽やか。細心の注意を払った演奏だった。

ソリスト・アンコールはブルックナーの「秋の夕べの静かな物思い」。ピアノ独奏曲があるなんて知らなかった!でも単調な曲。

ブルックナーの交響曲第0番を日本初演したのは朝比奈隆/大阪フィル(1978年6月5日、フェスティバルホール)。しかしこのコンビは00番を一度も取り上げなかったのではないか?児玉/大響は丁寧な導入部を経てサクサクと推進力がある。余分な贅肉をそぎ落とし、引き締まった演奏。それにしてもこの若書きのシンフォニー、第1・4楽章の展開部が非常に短くあっさり終わるのにはびっくりする。第3番以降の交響曲とはえらい違い。

|
|

« 白鳥・三三 両極端の会 in 秋のひょうご | トップページ | 死の淵から帰還した井上道義とチャイコフスキーのNegative Thinking Symphony »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/60521645

この記事へのトラックバック一覧です: 児玉宏のブルックナー00番:

« 白鳥・三三 両極端の会 in 秋のひょうご | トップページ | 死の淵から帰還した井上道義とチャイコフスキーのNegative Thinking Symphony »